SSブログ
ラジオデイズ ブログトップ
前の5件 | -

圧巻の向井秀徳 [ラジオデイズ]

2月8日(木)放送分のTHE TRAD@TOKYO FMをタイムフリーで聴いた。

3時台のゲストは、ZAZEN BOYSのボーカル&ギター、向井秀徳さんである。

アコギを携えて登場した向井さん、のっけからハマ君と絵美里ちゃんを自分のペースに巻き込む。

プロフィール紹介のBGMが、本人の弾き語りなんて、初めて聴いたよ(笑)

突然思いついたとかで、「THE TRAD弾き語りCM」のプレゼントなんてのもあったり。


圧巻だったのは、『永遠少女』の弾き語り。
新作『らんど』に収録された音源の方をオンエアする予定だったらしいのだが、急遽、弾き語り生演奏に変わったようだ。

向井さん曰く「夕暮れアコースティック・バージョン」の『永遠少女』、最高でした。

アルバム『らんど』のリード曲なので、YouTubeにPVも上がっていて、これはこれで良いのだが、向井さんの弾き語りの説得力と言ったら、ハンパないんである。





radikoで聴けるうちに、ぜひ聴いてみてくださいな。


新作『らんど』は、1月24日にすでに発売されている。

らんど.jpg
https://amzn.to/3w8Idzs

アナログは出ないのかなぁ?

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

祝!ラジオ出演 [ラジオデイズ]

もちろん、ボクがラジオに出演したわけではない。

ラジオ出演したのは、先日書籍化された『初盤道』https://amzn.to/3UA2xmYの著者、紙ジャケ探検隊隊員こと真保安一郎氏である。

InterFMで月曜ー木曜の13:30-15:55に放送されている「レコレール」という番組に、10月11日の14:00過ぎ頃に登場して30分くらい話をしていた。

持参した初盤レコードもオンエアされたのだが、それが山下達郎さんの『Sparkle』とフィービ・スノウ(Phoebe Snow)の"Good Times"だったというのも嬉しかった。

どちらも、ちょっとだけ、初盤解明にボクも貢献しているからである。

山下達郎さんの『FOR YOU』については、直接初盤解明に関わったわけではないが、3年ほど前にビクターPMの謎を解いたことが間接的に貢献している。

https://sawyer2015.blog.ss-blog.jp/2020-08-31

フィービ・スノウのファーストの方は、かなり直接的に関わっていて、初盤道裏話として紹介したことがある。

https://sawyer2015.blog.ss-blog.jp/2020-05-15


さて、では、今宵は、フィービのファーストを聴いてから寝るとしましょうかね。


20231011-01.jpg


次は、THE TRAD@TOKYO FMかなー
ハマ君、よろしく~

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ようやく反応(笑) [ラジオデイズ]

11月20日放送のロック大陸漫遊記@TOKYO FMをタイムフリーで聴いていたら、草野さん、ようやくドラマ『silent』に反応して、『魔法のコトバ』をオンエアした(笑)

反応遅すぎでしょー

あっ、でも、だいぶ前倒しで録りだめしてるって言ってたから、そのせいかな?





この曲、映画『ハチミツとクローバー』の主題歌だったな。
そういや、『silent』の中で、「人が恋に落ちる瞬間を見てしまった。」みたいな湊斗の台詞があったっけ。
リンクさせてたのね。
今頃気づいたよ・・・
ボクも十分に反応が遅いな(笑)

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ちが~うっ! [ラジオデイズ]

藤原さくらちゃんが5月29日に放送された吉岡里帆さんのラジオ番組UR LIFESTYLE COLLEGE@J-WAVEにゲスト出演していたというので、タイムフリーで聴いてみた。

二人が意気投合して盛り上がっているのを聴いているのは楽しかったのだが、一つ大きなミスをやらかしていた(笑)

さくらちゃんがSSWという存在を知ったのはYUIさんが最初で、すごく憧れている存在だというのは有名な話だが、そのYUIさんが女優もやってたねって『タイヨウのうた』が話題にのぼったときに、BGMとして流れたのがなんと沢尻エリカさんの『タイヨウのうた』だったのである。

ちが~うっ!

それはテレビドラマの方の主題歌で、YUIさんが主演だったのは映画の方だから、『Good-bye days』を流さなきゃいかんのだ。

放送から4日、radikoのタイムフリーでも聴けるし、YUIファンからクレームがきて、ミスったJ-WAVEの人、「やらかしてしまった~」って落ち込んでるかな?

それとも、すでに、さくらちゃんの新曲『わたしのLife』に励まされて、前向きになってるかな?(笑)





世の中、うまくいかないことの方が多いけど、楽しんだもん勝ちだよね。

タグ:藤原さくら
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Atomic Swing [ラジオデイズ]

いつもならタイムフリーと言っても月曜には聴いている草野マサムネさんのロック大陸漫遊記@TOKYO FMだが、GWということもあって、今日、木曜になって聴いた。

「スウェーデンのロックで漫遊記」というのが聴く気を起こさせなかった、というわけではない。
まぁ、スウェーデンのロックは、ほとんど知らないが・・・
実際、オンエアされたもので知っていたのは、カーディガンズ(The Cardigans)くらいだったし。
でも、北欧のロックにも、興味がないわけではないんである。

といっても、すごーく興味があるというわけでもないので、まぁ、テキトーに聴いていたのだが、アトミック・スウィング(Atomic Swing)の"Panicburgh City"という曲はすこぶる気に入った。
そこはかとなく漂うドアーズ・フレイバーが、ボクの琴線を激しく鳴らしまくったのである。
草野さん、ありがとー





MVも無茶苦茶かっこいいじゃないか。
1993年にリリースされたデビュー・アルバム"A Car Crash in the Blue"に収録されていた曲だから、30年ほど前の曲だけど、60年代から70年代の質感だよね。

"Panicburgh City"がすこぶる気に入ったので、アルバム"A Car Crash in the Blue"をApple Musicで聴いてみたのだが、これがまた素晴らしい!
1993年だとアナログは出てなさそーだけど、最近のアナログ・ブームに呼応してアナログ化されてないかしらん?

そう思ってDiscogsを見てみると、2016年にアナログ化されてるじゃないか。
しかーし、マケプレで販売価格を見るとかなりのプレミアがついて2万越えである。
買えねーよ・・・

ユニバーサルさん、アナログの再発、どうかよろしくお願いします。

タグ:Atomic Swing
コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - ラジオデイズ ブログトップ