SSブログ
Jackson Browne ブログトップ

Lives in the Balance [Jackson Browne]

今夜は、ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)のこのレコードを聴こう。


20220304.jpg


1985年にリリースされた"Lives in the Balance"のUSオリジナル(Asylum Records 9 60457-1-E)である。
ジャケットの「囚われた自由の女神」が何を象徴しているのかはなんとなくわかる気がするが、背表紙が右側(取り出し口が左側)で通常のジャケットとは逆になっていることに、どんな意味があるのかがわからない。(わかる人、教えてくださいm(_ _)m)

Discogsを見るとUSオリジナルにはSPプレスとARプレスがあるが、SPプレスもAR工場で製造したスタンパーを使用しているようなので、オリジナル工場はARということになりそうだ。
ロサンジェルス録音だし、カッティングはTMLでダグ・サックス(Doug Sax)がやっているし、その点からも西海岸プレスがオリジナルだろう。
幸い、うちのは西海岸のAR工場プレスだ。

マトは、Discogsには、A-1/B-1とA-1/B-2しか出ていないが、うちにあるのはA-2/B-1なので、おそらく両面2枚づつラッカーを切ったんだと思う。
だから、A-2/B-2も当然存在するだろう。

うちのA-2/B-1盤では、A面にのみTML-M刻印があって、B面には刻印がないが、これは単純な打ち忘れだろうと思う。
両面とも音はすこぶる良い。

タイトル曲”Lives in the Balance"には、2005年にリリースされた"Solo Acoustic Vol.1"に収録された弾き語りバージョンのMVがある。





「私たちにも殺し合いで争いを解決しようとした野蛮な過去があった」と戦国時代を思い返すのと同じように、いつか、「戦争で争いを解決しようとした野蛮な時代があった」とこの時代を思い返す未来が、きっと来るよね。


NO WAR PLEASE
タグ:Jackson Browne
コメント(0) 

Downhill from Everywhere [Jackson Browne]

昨年7月にリリースされたジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)の最新作"Downhill from Everywhere"のアナログ盤を、ようやく手に入れた。


20220303.jpg


Apple Musicでは、配信はされているものの、現時点ではハイレゾロスレスどころかロスレスでさえないので、ずっとアナログを手に入れたいと思っていたのだが、二枚組のせいかちょっと高い。
そこで、「かしこい買い物」をしようと決めた(笑)

Amazonでは、かなり不可解な価格変動がある。
一時的にかなり安くなったかと思うと、すぐにまた元の価格に戻っているというパターンだ。
売れ残って叩き売りというのはそれなりに理解できるが、この一時的に安くなるというのは何だろう?
一種のタイムセールみたいなもんなのか?

いずれにせよ、その一時的に安くなったときを狙ってサクッと買ってやろうと思ったわけである。


(画像をクリックするとAmazonに飛びます。)

ここのところずっと5000円くらいの価格だが、数日前に一時的に3500円ぐらいになった。
で、待ってましたと購入したのであった。


様々な問題を抱えて先の見えない世界を繊細な言葉で紡ぎながら、なんとか希望の光を見つけようとする彼の音楽は、いまだからこそ聴きたい。

それに、このアナログ盤、二枚組で余裕をもってカッティングしているので、音も素晴らしい。

未入手という方は、ぜひ「かしこい買い物」でどうぞ(^_-)-☆


それにしても"A Human Touch"は、ホント名曲だよねぇ・・・
Austin City Limitsでのライブ・パフォーマンスがYouTubeにあげられていたので、貼り付けておこう。





NO WAR PLEASE

コメント(0) 

A Human Touch [Jackson Browne]

YouTubeにおすすめされるままに、ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)が10日ほど前にアップしていたMusic Videoを観た。





レスリー・メンデルソン(Leslie Mendelson)てまったく知らなかったんだけど、いいよねぇ。


ひたすら、沁みた・・・

コメント(0) 
Jackson Browne ブログトップ