So-net無料ブログ作成
アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ
前の5件 | -

Matching MoleファーストのUKオリジナル~英CBSプレスのこと [アナログ・コレクターの覚書]

前の記事でマッチング・モウル(Matching Mole)ファーストのスタンパー情報を募ったところ、6枚分の情報が集まった。
といっても、B面A1~A9の情報は一つもなく、A10だというのが3枚分、ほかにはA14、A15、A17というものだった。

しかし、集まった情報のうち3枚が、ボクの持っているのとまったく同じスタンパー・ナンバー(A面がA1でB面A10)ってのも不思議である。
なんだか、初回プレスは、全部このスタンパーの組み合わせだった気がしてきた(笑)

とはいえ、サンプル数が少ないので、なお情報収集継続中である。
このレコードのUKオリジナルをお持ちの方は、ぜひ送り溝を見て、情報をご提供くださいm(_ _)m


一応、手持ち盤の情報開示をしておこう。


20191202-01.jpg


レーベルはオレンジである。
英CBSのレーベルは1974年からイエロー・オレンジに変わるはずなので、1972年リリースのマッチング・モウル・ファーストの初盤は、このオレンジ・レーベルということになる。


20191202-02.jpg


ジャケットは、初期はテクスチャーで、後にプレーンになる。
ボクのはもちろんテクスチャーだ。


20191202-03.jpg


さらに、テクスチャー・ジャケットでも茶色の濃いのと薄いのがあって、濃い方が初期だとのこと。
うちのはそこまで濃くはない。
微妙だなぁ(笑)

そうそう、インナースリーブは、ジャケットを描いたALAN CRACKNELLがデザインした緑色の汎用CSが初期盤の一部にはついていたそうだが、これはちょっとレアらしい。
うちの盤には、1971年頃に使用されたと思われる汎用CSが付属していたが、入れ替えられたものの可能性もあるので、ここでは紹介しないでおこう。


マトはA2/B1だ。


20191202-04.jpg
20191202-05.jpg


英CBSのマトは、かすれて消えかかっているようなものが多いが、このレコードのマトは実にはっきりとしている。


A面のマザー/スタンパーはA1で、最初に作られたスタンパーであることに間違いないだろう。


20191202-06.jpg
20191202-07.jpg


問題はB面のマザー/スタンパーである。
A10だが、10ではなく1Cじゃないかという意見もあった。
確かに見た目はCだが、これはやっぱり10だと思う。


20191202-08.jpg
20191202-09.jpg


で、どうして、ボクがB面のA1~A9のスタンパーが存在しないと思うのかというと、英CBSプレスはメッキ処理が下手くそで、しばしばスタンパーの製造に失敗し、廃棄されるものが多かったんじゃないかと思っているからである。

マトの紹介のところで書いたように、英CBSのマトは、かすれて消えかかっているようなものが多い。
このかすれは、おそらくメッキ処理のプロセスで生じるものだろう。
マトがこれだけかすれているのだから、溝にもそれなりに影響はあるはずだ。
英CBSのレコードでは、しばしば眠い音の盤にあたるが、そういう盤ではだいたいマトがかすれまくっている。
爆発的に売れたレコードでは、十分にチェックせずにプレスにまわしてしまうことがあったんじゃないかと、かすれたマトを見ながら考えてしまうのである。

他方、そんなに爆発的には売れなかったレコードでは、わりとちゃんとスタンパーのチェックをしていたとすると、ボツで廃棄されるスタンパーも当然増える。
で、最初にオッケーが出たスタンパーが10番目に作ったものだった、なーんてことも起きたんじゃないかと思うわけである。

まぁ、妄想だけどね(笑)


タグ:Matching Mole
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

初盤道にちなんで『白雁』を聴く [アナログ・コレクターの覚書]

紙ジャケ探検隊がレコード・コレクターズに連載中の初盤道は、先月号(2019年11月号)に引き続いて、今月号(2019年12月号)も、ボクが取材・資料協力をさせてもらったキャメル(Camel)"The Snow Goose"のUKオリジナル(Decca SKLR5207)を掘り下げる「白雁の数奇な運命」である。


20191116-04.jpg
(一番手前は2016年5月号。キャメル特集が載っているということで、紙ジャケ探検隊から―というか編集部からかな?―手土産にもらった。買い忘れていた号だったので、とてもありがたかった。)


今回は、英米のジャケットの違いや英盤の出版社表記の複雑な変遷の理由を、様々な資料を基に読み解いていくというもので、その具体的内容自体は初盤道を読んでいただきたいのだが、最終的な結論(あくまで推論だが)は、いままで不可解だったところがいろいろ腑におちてスッキリするものだったし、なにより紙ジャケ探検隊とあーだこーだと話しながら探求を深めていく過程自体が、ボクにはとても楽しかった。

そんな感慨に浸りながら、レコード・コレクターズ12月号発売にちなんで、『白雁』を聴くのである。
聴くならやっぱり、UKオリジナルだよね(笑)


20191116-01.jpg
(UK盤は、ラミネート・コーティングされたジャケットが美しい。)


手持ちのUK盤は4枚で、以前の記事https://sawyer2015.blog.ss-blog.jp/2017-03-04のときからかわっていない。
(UKオリジナルについての詳細は、追加情報もあるので、レコード・コレクターズ11月号掲載の初盤道もご覧ください。)

今回の探求にあたってUS初盤(Janus JXS7016)は入手したのだが、まだ紙ジャケ探検隊のところへ出張中で帰ってきてないな(笑)

UK盤のほかにうちにあるのは、ボクが最初に買った”The Snow Goose"である1982年の日本再発盤(ロンドン L20P1044)だ。
UK盤と違ってラミネート・コーティングされていないので、シミが浮いてきているのが残念。
一時期聴かないレコードをダンボールに詰めて押し入れに放り込んでおいたのがいけなかったか・・・


20191116-02.jpg


この盤に付属の黒田史朗氏(Shilow Kulodaと表記されている)のライナーは、初盤道でも言及されているが、探求の際の一つの資料になった。

今回の探求の過程で、何か情報が得られないかと藁をもつかむ思いで買ってみたのが、2009年にリリースされたデラックス・エディションのCD(Decca/Universal 531 4614)と2013年の新録バージョンCD(Camel Productions CP0014CD)。


20191116-03.jpg


新録バージョンはオリジナルといろいろ聴き比べられて楽しいが、新しい情報という点ではとくに収穫はなかった。
それに対して、デラックス・エディションに付属していたブックレットに掲載されているマーク・パウエル(Mark Powell)の解説にはなかなか興味深い情報が・・・
このあたりは、初盤道をご覧ください。

いっしょに写っている紙ジャケCD(Decca UICY-9045)は2001年にリリースされた当時に購入したものだが、小西勝氏のライナーは、ポール・ギャリコの短編小説『白雁』のあらすじに1/3弱を割いていて、原作を読んだことがないという人にはとても便利だ。

このアルバム、楽曲が描いている『白雁』の場面を思い浮かべながら聴くと、感動もひとしおなので、本を読むのが苦手という人にも、あらすじぐらいは知ったうえで聴いてもらいたいなぁ思うのでありますよ。

タグ:Camel
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

謎の手書き文字を解読せよ~Tangerine dream, PhaedraPhaedraのUKオリジナル [アナログ・コレクターの覚書]

さて、考レコ学クイズ9の解答編である。


20191102-01.jpg


結論から先に言うと、この手書きの"A"はスタンパー・コードを意味しているんだと思う。

「ちょっと待て。この時期のVirginはEMIプレスだから、スタンパーは刻印であって、手書きじゃないだろー。」という反論が聴こえてきそうなので、少し解説しよう。

もう一度出題画像を見てみよう。


20191102-09.jpg


まず①のところにメインのMatrixが刻印されているのがわかる。

このメインのMatrixを6時に置くと3時方向にスタンパー・コードが刻印されているはずである。
②のところなのだが、これはどう見ても"V"だ。

しかし、EMIのスタンパーにはGRAMOPHLTDというグラモフォン・コードが使われているので、"V"というのはありえない。
では、この”V"に見えるものは何だろうか?
考えられるのは、"A"を逆さまに刻印してしまった可能性である。

もうおわかりかと思うが、スタンパー・コードとして"A"を刻印しようとしたとき、間違えて逆さまに刻印してしまったために、”A"だとわかるように手書きで"A"と書き加えたんじゃないか、というのがボクの推理だ。

ということで、この手書きの"A"はスタンパー・コードを意味しているんじゃないかと思うわけである。

ちなみに、”V"に見える刻印が”A"を逆さまに刻印してしまったものであることは間違いないと思う。

まず、Side AのメインのMatrixは1Uで、9時のマザー・ナンバーは1である。


20191102-03.jpg
20191102-04.jpg


で、3時のスタンパー・コードのところは、拡大してもやはり"V"にしか見えないが、180度回転させると、これはやっぱり"A"だろう。


20191102-05.jpg
20191102-10.jpg


Side Bのほうを見てみると、メインのMatrixは2Uで、9時のマザー・ナンバーはやはり1だ。


20191102-06.jpg
20191102-07.jpg


で、3時のスタンパー・コードは"G"である。


20191102-08.jpg


”Phaedra"のUKオリジナルの初回マトは、確か1U/2Uだったはずだ。
Side Bがマト2Uでマザー/スタンパーが1Gであれば、Side Aがそれに対応しているとすると、マト1Uでマザー/スタンパー1Aが相応しい。
ほら、1G/1G探してると、1G/1Rとか1G/1Aとかも、よく見かけるでしょ?(笑)

"V"に見える刻印は、やはり”A"を逆さまに刻印してしまったものに違いない。

でも、刻印を手書きで修正するというのは割とよくある(Zep ⅠのUKオリジナルとか、すぐ思い浮かぶよね)にしても、普通、修正なら刻印のほうを/とかで消すはずなのに、どうして消してないんだろう?
と最初は思ったのだが、考えてみたら、逆さまに刻印してしまっただけで、間違っているわけではない。
要するに、手書きで書いてあるのは、フリガナみたいなもんなのだ。
だから、消してないんだろうな。

タンジェリン・ドリームって、昔はちっとも良さがわからなかったけど、最近はわりとよく聴いている。
部屋全体が鳴るぐらいまで音量をあげた爆音で音響空間に同化すると、ある種のカタルシスに達するのよね。

タグ:Tangerine Dream
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

初盤道裏話 [アナログ・コレクターの覚書]

ここでもしばしば取り上げてきたレコード・コレクターズの初盤道だが、11月号の今回と12月号の次回は、取材・資料協力ということで、なんとボクが登場している。


20191015.jpg


「初盤探求をしている市井の人」みたいな紹介のされ方で、ボクが初盤探求にはまったことについて、紙ジャケ探検隊には(初盤道を連載しているということ以外には)あんまり責任がないようなニュアンスを醸し出そうとしているが、それはちょっと違うぞ(笑)

ツイッター上でのやり取りに絡んでくれている方はもちろん、直接絡まなくても、探検隊とボクの共通のフォロワーならボクたちのやり取りは丸見えなわけで、そうした方々にはすでに明らかなことだが、探検隊は、(もう20年近く前のことだが)ボクを初盤探求の深い沼に引っ張り込んだ張本人なのである。

実を言うと、ボクが初盤道に登場するのは初めてではない。
もちろん、名前が出てくるのは今回が初めてだが、かなり初期の段階で一度登場しているのだ。
それは、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)の"Blue"を扱った第4回「バーニー・グランドマンの青」(2017年8月号)のときだ。

そこに、こんな記述がある。
「そこで同じBGマト1を姑息にも自分で買わずに、何人かに買ってもらって確認したところ、Pの刻印があるという。」
この「何人か」のうちの一人がボクなのである(笑)

バーニー・グランドマン(Bernie Grundman)のサインBGがあるマト1の盤(BGマト1)の製造工場が、たまたま自身で所有している盤の送り溝では判別できなかった探検隊は、「"Blue"のBGマト1、音良いよ~ 持ってなかったら買ったほうがいいよ~」と周りにエサをまいた。

そりゃ、すぐさま飛びつきますわよ・・・

って、ここまで書いて思い出したことがある。
もうかなり前のことになるが、今はもう閉店してしまって存在しない淵野辺のディスク・ユニオンに探検隊と漁盤に行ったことがあった(そのとき探検隊が新譜で出たぱかりの山下達郎『Ray Of Hope』を買っていた記憶があるので、あれは2011年の秋頃のことだったのだろう)のだが、そのときボクは、"Blue"のWLPを見つけて買おうか迷ったのだ。
ボロいわりには高かったのでそのときは買わなかったのだが、その振る舞いはしっかり探検隊の頭にインプットされていたに違いない。

エサをまけばすぐに飛びつくことは、探検隊にはわかっていたのだ。
もう、お釈迦様の手のひらの上の孫悟空みたいなもんである(笑)
まるっとお見通しなのだ。

ボクは、手持ちのBGマト1の送り溝にP刻印を発見して、それを撮影した画像とともに、探検隊に報告したのであった。


今回のキャメル(Camel)の"The Snow Goose"にしても、ボクはやっぱりお釈迦様の手のひらの上の孫悟空なんである。

下記がオリジナルの記事だが、当初の考察を記事にした後に、「友人から『デッカみたいなメジャーはパブリッシャー表記にうるさいはずなんで、変遷しているレーベル表記にミスクレジットは一つもない、すべて正しいって前提で考えたほうがいいんじゃない?』って指摘を受け」て考察しなおした結果、真相に近づいているのがわかるだろう。

何を隠そう、この「友人」とは探検隊なのである。

https://sawyer2015.blog.ss-blog.jp/2017-03-04

まさにお釈迦様の手のひらの上の孫悟空じゃないか。
考レコ学研究室の駆け出し研究者のボクにとって、探検隊は指導教授みたいなもんなんである(同い年だけど)。

指導教授なんて言うと、弟子の研究報告を受けてちょこっとアドバイスをするような感じに受け取る人もいるかと思うが、探検隊の場合、初盤探求については、ボクよりはるかに徹底している。

"The Snow Goose"のレーベル・バリエーションの変遷にしても、ボクは、セカンド・プレスの存在についてはオオヒラさんからの画像提供で満足して自ら入手していないのだが、今回の初盤道の話をボクに持ちかけたときにはすでに、探検隊は、初回レーベルから第4版レーベルまですべて自ら入手していたばかりか、第4版以降の出版社表記の変遷にまで目を配ったり、75年9月にリリースされたシングルのかなり奇妙な表記まで発見して考察したり、探求をさらに深めていたのであった(一回の原稿を書くのに資料代にいくら遣ってんでしょうね 笑)。


20191015-2.jpg
(我が家のリビングのソファの上で、探検隊持参の"The Snow Goose"とうちの"The Snow Goose"の集合写真。)


とはいえ、探検隊といえども、このレコードの出版社表記が複雑に変遷する理由を解明するのはなかなか手強かったようで、いっしょに考えろというお達しも同時に賜った。
で、あれこれと探検隊と知恵をしぼったのだが、そのあたりの話は、次回の後編で明らかにされることになっている。
乞うご期待なのである。

そういえば、紙ジャケ探検隊には一つ謝っておかなければならないことがあったんだった。

紙ジャケ探検隊ウェブサイトの特集記事に何度か関わったことがある(当時のボクのハンドルネームはRefugeeでした。)のだが、そのうちの一つで、ディラン(Bob Dylan)の"Planet Waves"の記事を書かせてもらって当時ボクが開いていたウェブサイトにアップのうえリンクしてもらっていたものが、サーバーのサービス終了で消滅し、いまだにリンク切れのままになっている。

何も対応してなくて、すみませんm(_ _)m

アメリカ盤については当時に比べるといろんな面で研究が進んでいて、当時の記事のまんまでアップするというわけにもいかないので、情報をもう一度整理しなおして、そのうち記事にまとめるつもりです。

ということで、どうかご容赦を!

タグ:Camel
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

井上陽水『氷の世界』のエラージャケット [アナログ・コレクターの覚書]

<路傍の石さんにエラーの原因を教えてもらったので、追記しました。>(2019年9月14日22:40)


さて、考レコ学クイズ7の解答編である。

答えは超簡単なので、ほとんどの方は一瞬で気づいたことだろう。
そう、井上陽水『氷の世界』(ポリドールレコード MR 5038)の正常なジャケットでは、『氷の世界』という青字のタイトルのすぐ下に黒字で『井上陽水』というアーティスト名が入っているのだが、このジャケットにはそれがないのである。

つまり、これはエラージャケットなのだ。

本来のジャケットと並べてみよう。


20190913-02.jpg


この『氷の世界』というアルバム、1973年12月1日に定価2000円でリリースされているのだが、翌1974年にはLPレコードの価格改定があった関係で定価2200円になる。

2000円の初盤も特に珍しくもないが、帯付き美品には2200円盤が多いので、初盤にこだわる人には注意が必要だ。

かくいうボクの所有している帯付き盤も2200円盤である。
しかも、帯には前所有者がご丁寧に50年10月と書き込んでいる。
つまり、リリースの2年も後に購入されたものなわけで、セカンドプレスどころかサードプレスあたりかもしれない。

でも、まぁ、それも、つい最近までまったく気づいていなかった。
半年ほど前のこと、ツイッターのTLにどなたかの「このレコードは音が良いので初盤を探したい」というツイが流れてきた。
それで、なんとなく手持ち盤が初盤かどうかを確認したら、見事にレイトであることが判明してしまったのであった。

とはいえ、これはやたら売れたレコードだし、それこそハードオフのジャンクコーナーにゴロゴロしてんだろうと思ったから、とくにがっかりもしなかった。

それより、実際にハードオフのジャンクコーナーに行ったら、このエラージャケットの発見である。
ボクは、思わず歓喜の雄叫びをあげてしまった!

うぉぉぉぉぉ!

ウソです。

店内でそんな恥ずかしいことはしません(笑)

でも、かなりニマニマしながら店を後にしたことだけは確かだけどね(^_-)-☆

では、このエラージャケットのことを、もう少し詳しく紹介しよう。


このエラージャケット、『井上陽水』という黒字のアーティスト名が欠けている以外にも、本人画像の黒がかなり飛んでいるという特徴がある。


20190913-03.jpg


単体で見せられてもわかりにくいかもしれないので、正常なジャケットと並べてみよう。


20190913-04.jpg


印刷技術的なことはまったくわからないのだが、最後にアーティスト名とともに本人画像のところの黒も重ねるような黒の二重印刷でできあがるジャケットで、最後の工程が欠けたということなんだろうか?
誰か詳しい方教えてくださいませm(_ _)m


ツイッターで印刷技術に詳しい路傍の石さんにエラーの原因を教えてもらったので追記しておこう。
路傍の石さんの回答はきわめて分かりやすく的確なので、そのまま引用する。

「印刷の色数はスミ版、特色グレー版、特色ムラサキ版の3色+マットニスです。
井上陽水の文字と表写真のハーフトーンのグレーで刷られるべき部分が抜けてます。
グレーの版そのものが抜けたことも考えられますが、刷っている途中でグレーのインキ壺が空になったのに気付かなかったというのが原因かな?」

なるほどそういうことだったのか!
で、あらためて目を凝らしてみると、今までまったく気づかなかったが、かすかに「井上陽水」の文字がかろうじて認識できるじゃないか。
これはまさにインクはないけど印刷はしようとした痕跡だろう。


20190913-07.jpg


謎は見事に解明されたのでありました。
路傍の石さん、ありがとうございましたm(_ _)m


とはいえ、裏ジャケは、まったく同じである。


20190913-05.jpg


定価が変わっているので、右下端の価格表示が2000円と2200円という違いはあるが、黒が抜けている様子はない(というか、エラージャケットは2000円盤なのだが、そっちのほうが黒が濃い)。
ちょっと不思議だが、まぁ、表だけ黒の重ね印刷だったということか。

内ジャケットも特に違いはない。


20190913-06.jpg


帯のついていないほうがエラージャケットだが、写真の鮮度が若干高いと感じるぐらいで、大差はない。

このほか、歌詞インサートにも違いはなく、盤も同じラッカーから切られたもののようだ。
とはいえ、2000円盤と2年後の2200円盤では、スタンパーの若さがかなり違っているので、音は歴然と違う。

ボーカルや個々の楽器の音色の明快さ、分離の明確さ、空間の広がり感など、スタンパーが若いとかな~り印象は変わる。
2200円盤しか持ってないという人は、帯付きでも数百円でゴロゴロしてると思うので、ぜひ2000円盤も探してお試しあれ。

あっ、でも、このエラージャケットはレアだと思うなー
イエス『こわれもの』の船なしジャケットみたいに、すっごい価値があるものだったりしないかしらん?(笑)

まぁ、特に価値がなくてもいいや。
こういう盤との出会いって、コレクター的には嬉しいのよね。
で、たまにしか行かないけど、ハードオフめぐりもやめられないのである(笑)

タグ:井上陽水
コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ