SSブログ
アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ
前の5件 | -

Gradingのこと [アナログ・コレクターの覚書]

ハードオフ&ブックオフめぐりの収穫をネタにした記事はまだまだあるのだが、オリビア追悼を終えたところで小休止。
今日は、Gradingの話題である。

というのも、今朝、TLに流れてきたpopsike.comのアーカイブ・ツイートの中に、どうにも納得のいかないGradingを見かけたからである。

それはBlue Note 4043のHorace Parlan, "Speakin' My Piece"のUSオリジナルで、47 WEST 63rd NYCレーベルの初回盤だったのだが、ジャケットの左下隅にかなり目立つウォーターダメージがあって、表側が一部欠損しているものだった。
ebayで、434ドルで落札されたという。

ブルーノートのこのあたりのオリジナルは、ここまでボロくても、いまは欲しがる人が多いのね。
まぁ盤のほうはVG+というから、そのせいかとも思ったのだが、ジャケットのGradingがVGとされていたのには目が点になった。

ここまで目立つダメージがあったら、厳しいGradingならFとかPだろう。
どんなに甘くてもGじゃないか。

ジャケットのGradingって、だいたい下記のような感じだよね?

NM 新品同様で極美品。
EXまたはVG+(UKではEX、USではVG+と表現することが多い) それなりに経年劣化はあるが、特にダメージはない。
VG ダメージはあるが、大きなものではない。
G かなり目立つダメージがある。
FまたはP 部分的に欠損しているなど、深刻なダメージがある。

ウォーターダメージで一部欠損というのは、やっぱり、どんなに甘くてもGだろう。
ジャケットのGradingがその甘さだと、盤のVG+というのも、どこまで信用できるのやら。

そんなことを考えていたら、同じようなダメージのレコードを持ってたことを思い出した。
ロリンズ(Sonny Rollins)が、当時のマイルス・バンドのメンバーと組んで録音した名盤、"Tenor Madness"のUSオリジナルである。


20220814-1.jpg


入手したのは20年以上前なので、もはや落札価格もセラーのGradingも憶えていないが、確か、ebayで、他のロリンズのオリジナルを落札したときに、格安だったので、ついで買いしたものだと思う。

ジャケットのほうは見ての通りだが、盤のほうは、多少のチリパチはあるものの、音圧が凄くて、ほとんど気にならない。


20220814-2.jpg


演奏も凄いが、このNYレーベル初回盤の音も凄い。

このレコード、トライデント・ロゴが右側にある紺レーベルで、手書きRVGありのモノラル盤も持っているが、鮮度感はやはり初回盤にはかなわない。
紺レーベルのほうは、モノラル・カートリッジだとチリパチも皆無の美盤なのだが、それでも、ターンテーブルに載せたくなるのは、NYレーベル初回盤の方である。

今日は、念入りに洗浄して一度聴いた後、もう一度ターンテーブルに載せたのだが、チリパチがさらに気にならなくなっていた。
これは、洗浄(とカートリッジのトレース)で溝が綺麗になったせいなのか、それとも、単に耳が慣れたってだけなのか。
きっと、前者だよね(笑)

タグ:Sonny Rollins
コメント(0) 

Queenウイーク~ファースト・アルバムをオランダ盤で聴く [アナログ・コレクターの覚書]

コアなクイーン(Queen)ファンというわけではないので、ブライアン・メイ(Brian May)とロジャー・テイラー(Roger Taylor)の誕生日が一週間違いであることを知ったのは、ついこの前のことだった。

ブライアンの誕生日が7月19日、ロジャーの誕生日が7月26日なので、7月19日から26日までの一週間は、クイーンのファンにとって、まさにQueenウイークとも言うべき特別な一週間であるに違いない。

ってことで、ボクも、先週から今週にかけて、あれこれクイーンのレコードを引っ張り出して聴いていたのだが、どれもこれも紹介できるようなものではない。
クイーンのレコードは、オリジナル盤を集め始めた20数年前にUKオリジナルでそろえたのだが、その後悉くセカンド・プレスやサード・プレスであることが判明してしまった。
どうも、ボクは、クイーンのUKオリジナルとは相性が良くないらしい(涙)

そんなわけで、Queenウイークのことはブログでは触れずにいようかと思っていたのだが、なんとなくターンテーブルに載せたファースト・アルバム(日本盤のタイトルは『戦慄の王女』だった)のオランダ盤で、アナログ盤の奥深さを感じたりしたので、これはちょっと紹介する価値があるかなーと思いなおしたのであった。


20220729-1.jpg


さて、UKオリジナルでそろえたはずのボクが、何故オランダ盤を持っているのか?
それは、まだアナログ・コレクター初心者の頃、UKオリジナルと勘違いしたからである(笑)

だって、このオランダ盤、G&L社製造のUK製ジャケット(ボクの持っているUKオリジナルとまったく同じジャケット)に入っていたのである。
しかも、レコード番号も、UK盤と同じEMC 3006なのだ。


20220729-2.jpg


レーベル上にQueenロゴがないのも、初心者のボクは「一番最初はロゴなしだったに違いない」と思い込んでしまった(実は、オランダ盤は、どれもこれもロゴなしだ)。

しかし、送り溝を見れば、そこには手書きマトしかなく、ちょっと知識があれば、当時のUK EMIプレスでないことはわかる。
なにより、レーベル上にオランダの著作権管理団体STEMRAが明記されている。
これはオランダ流通盤の証拠だろう。
紛らわしいから、初心者はよく間違えるのである(いまだって、ボーっとしてるときは、間違える 笑)。

ちなみに、この盤は、オランダ初回盤ではない。
オランダ初回盤のレコード番号は、EMI 1A062-94 519で、ジャケットにも明記されている。
UK盤と同じ番号はどこにもない。
印刷会社まではわからないが、オランダ製ジャケットである。

カッティングは、オランダ初回盤と同じく、オランダのBovema/EMI Studiosで、Henk Hordenによって行われているが、オランダ初回盤のマトがHM 20999-2-Y/21000-2-Yであるのに対して、うちの盤のマトはHM 20999-1-Y-8/HM 21000-1-Y-8である。
Yの前の数字が初回盤より若いが、Yの後に8がついている。
マスターテープ違いのリカッティングだと推測される。

もっとも、いつ頃のプレスかまではわからない。
実は、うちのと同じマトの盤が、オランダ初回盤と同じレコード番号でオランダ製ジャケットに入ってリリースされていることがDiscogsで確認できるのだが、これがどうやら1975年リリースらしい(ジャケットにそう書いてあるようだ)。
その盤より、うちの盤の方がスタンパーが若い。
なにしろ、うちの盤、9時12時3時に数字が刻印されているのだが、両面ともすべて1なのである。

ってことで、うちのオランダ盤、いまだに素性がよくわからないのだが、とにかく重い。
うちのUKオリジナル(マト3U/3Uでスタンパーが3桁だが)は115gと軽すぎだが、日本盤が135gなので、これが標準的だろう。
うちのオランダ盤は165gあって、オーディオファイル向け高音質盤にありがちな「180g重量盤」に迫る重さである。

この重さのおかげもあるのか、とにかく低域が重く沈む。
オーバーダブが繰り返されただけにあまり鮮度感のあるレコードではないので、ミックスのダイナミズムをいかに生き生きと再現するかがマスタリング/カッティングの良し悪しを左右すると思うのだが、このオランダ盤のヘヴィー・ロック的再現は、なかなか魅力的だ。
"The Night Comes Down"のアコギの胴鳴りが腹に響いてきたときは、思わず悶絶してしまった(笑)

こういう楽しみ方ができるところに、アナログ盤の奥深さがあるんだよなーと思うのである。

とはいえ、ファースト・プレスとされるマト3U/2UのUKオリジナルとか、マト5/5のクリス・ブレア(Chris Blair)カッティング盤とかも、まだ聴いたことがないので、いつか聴いてみたいんだけどね。

タグ:Queen
コメント(0) 

G-Forceを聴きながら [アナログ・コレクターの覚書]

そういや、仕事が忙しかったので、先月号の初盤道もチェックしてなかった。

ってことで、初盤道を読みながら、G-ForceのUKオリジナル(Jet JETLP 229)を聴くのである。


20220717-1.jpg


うちの盤には、ステッカーも、パッチも、キャンペーン応募用紙もついてないので、これはもうずーっと探していた。
安く見つけたら買おうという魂胆なので、パッチ付きということで高騰してたらスルーだけど。

でも、インナースリーブまで違うというのは知らなかった。


20220717-2.jpg


なんだよー
うちの盤、マトA2/B2なのにレイトかよー

まぁ、パッチ付きじゃなきゃ、おそらくファースト・プレスでも安いだろうから、どこかで見つけたら買おう(送料がもったいない価格のレコードよね 笑)。

今回初めて気づいたけど、このレコードって、マザー刻印はあるけど、スタンパー刻印がないのね。
80年代のCBSプレスって、みんなそうなのかな?
あんまり持ってないので、わかんないや。

それはそうと、うちの盤、A面(Side 7)のマザーがC、B面(Side 8)のマザーがAなのだが、あきらかにB面の方が音が良い。
80年代CBSはマザーが進むと音が急激に劣化する傾向があるのか、今後の検討課題である。

コメント(0) 

『悲しきサルタン』を聴きながら [アナログ・コレクターの覚書]

まる一日ずっと雨模様の土曜日、昨日買って帰るのを忘れたので、小雨になるのを見計らって、近所の本屋でレコード・コレクターズ8月号を買ってきた。

特集がらみで聴きたくなったレコードやCD(90年代だと、CDで持ってるのが多いなぁ・・・)を棚から引っ張り出してくるのは、これからひと月の楽しみにするとして、とりあえず初盤道を読んで、ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)のファーストを引っ張り出した。

『悲しきサルタン』が聴きたくなったからである。


20220716-1.jpg


帯の色とレココレの表紙の色が微妙にリンクしてる(笑)


5~6枚はレコードを持っているのでそれなりに好きなのだが、熱心なファンというわけでもなく、特別な思い入れがあるわけでもないので、ファーストについては、この日本盤しか持っていなかった。

そうかー
これはサード帯だったか・・・
ってことは、サード・プレスってことになるのか?

解説を読まない人間なので、ファースト・アルバムだし、『悲しきサルタン』の世界的ヒットを受けて日本盤リリースが決定したのかと思い込んでいて、帯の煽り文句に何の疑問も持ってなかったよ(笑)

まぁ、いいか。

送り溝を見ると、マトは両面とも111で、※の数であらわされるスタンパー・ナンバーは数字に変換すれば両面とも11だから、そんなに進んでない。
PMがDってことは、79年4月プレスってことよね。

日本盤が最初にリリースされたのは78年の暮れで、79年の新春早々新しい帯でリリースしなおされたらしいが、4月にはもう三番目の帯へと変遷してたんだねぇ。
それにしちゃ、スタンパーの進み具合からして、そんなに売れてなさそうだけど(笑)

日本盤の音も、ビクタープレスだし、そんなに悪くはないと思うけど、本国では78年6月にリリースされたアルバムだから、鮮度が落ちてるのは否めない。
どっかでUKオリジナルに出逢ったら買ってみることにしよう。


20220716-3.jpg


日本盤は、ビクタープレスだから、透けるのが魅力(笑)

タグ:Dire Straits
コメント(0) 

USオリジナルではない(涙)―Miles Davis, On the Cornerの謎 [アナログ・コレクターの覚書]

7月9日放送のジャズ・トゥナイト@NHK FMを、タイムフリーで聴いた。
いや、NHK FMだから、タイムフリーじゃなくて、聴き逃し配信か。

特集は、マイルス(Miles Davis)の"On the Corner"である。
正直、あんまり聴かないアルバムなのだが、大友良英さんの熱い解説を聴いていたら、なんだか無性に聴きたくなったので、引っ張りだした。


20220715-1.jpg


ボクの持っているのはUSオリジナル・・・
のはずだったのだが・・・
違った(涙)

これがオリジナルでいいんだろうなとDiscogsで確認したら、ファースト・プレスは見開きジャケットだと書いてある。
うちのはシングル・ジャケットなんである。

しかも、レコード番号まで違う。
ファースト・プレスは、KC 31906だというのだが、うちのはKがついてなくて、C 31906なんである。

「もしかして、最初はシングル・ジャケットでリリースされたのかも」と思ったのだが、そんな淡い期待は簡単に打ち砕かれた。
裏ジャケットを見たら、"Inside Cover Photo: Allen Morgan"とクレジットされている。
本来は見開きジャケットで、内ジャケにアレン・モーガンによる写真が使われていることは歴然なんである。

ちぇっ・・・

それにしても、ボクは何故、このシングル・ジャケットの"On the Corner"をUSオリジナルだと思い込んだのだろう?

そのわけは、ジャケットの中にあったコレを見て思い出した。


20220715-2.jpg


このThe Inner Sleeve、1973年の第1号なのだ。
"On the Corner"のリリースは、オフィシャル・サイトによれば1972年10月11日、Discogsによれば1972年11月14日で、いずれにしても1972年の終り頃である。
1973年第1号のThe Inner Sleeveが付属しているんだから、ファーストプレスだと考えるのが当然じゃないか。

それに、このThe Inner Sleeve、裏面にはこんな記事があるのだ。


20220715-3.jpg


"On the Corner"を新譜として紹介する記事である。
マイルスの写真付きだ。
これで、ファーストプレスと考えるなというほうが無理がある。

とはいえ、本来は見開きジャケットのレコードが、シングル・ジャケットなのだから、これはどう考えてもオリジナルではない。
オリジナルではないが、このThe Inner Sleeveが後から挿入されたものじゃないのなら、シングル・ジャケット盤も、ファースト・プレスとほぼ同時期にリリースされたものだということになる。
これって、いったい、どういう代物なんだ?

さらに不思議なのは、マトである。
この時期、コロンビア・スタジオでカッティングされていれば、マトはスタンプである。
実際、オリジナルのマトは、1A/1Aとか1B/1Bとか1C/1Cとからしいが、Discogsを見ると、どうやらスタンプのようだ。

しかし、うちの盤は手書きなんである。


20220715-4.jpg


マトは1F/1Gで、両面手書きなのだが、これは、やっぱり、外部カッティングなのか?

そういや、Customatrixでメッキ処理されたことを示す〇マークも見あたらない。

しかし、このマークはある。


20220715-5.jpg


コロンビアのピットマン工場でプレスされたことを表すマークだ。

いずれにせよ、コロンビアのスタジオでカッティングされたものではなさそうだし、ジャケットはシングルだし、これは絶対オリジナルと言ってはいけない代物なんだろうな。

ただ、元の録音が素晴らしいのか、このレコードも、かなり凄い音で鳴る。
ちょっと調べると、USオリジナルも、いまやかなりのお値段になっているようなので、ボクはもうこれでいいや(笑)

それにしても、このシングル・ジャケットで外部カッティングで、オリジナルと同時期にリリースされていた盤て、いったいどういう素性の盤なんだろう?

セカンドプレスかといえば、それも違うんじゃないかと思う。
なぜなら、PCプリフィックスの再発でさえ、見開きジャケットだからである。

とすると、レコードクラブ盤の類か?
あるいは、輸出用?

何かご存知の方は、ぜひ教えてくださいませm(_ _)m

タグ:Miles Davis
コメント(0) 
前の5件 | - アナログ・コレクターの覚書 ブログトップ