So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の5件 | -

気分はVillage Vanguard [オーディオ]

ノッティンガム・アナログ・スタジオ(Nottingham Analogue Studio)Interspace HDをダブル・アーム化したので、ここ数日はアナログばかり聴いていたのだが、映画部屋のサラウンド・システムだって刷新したばかりである。
新しいサラウンド・システムで聴いてみたいソフトも山ほどある。

ってことで、今夜はこれを聴いていた。


20191203-01.jpg


ビル・エヴァンス・トリオ(Bill Evans Trio)の"The Complete Village Vanguard Recordings, 1961”(Riverside Records 3RCD-4443-2)だ。

「それはサラウンド音源じゃないだろっ!」という声が聴こえてきそうだが、いいのである。
新しいサラウンド・システムは普通のステレオ音源にとっても(とりわけライブ音源にとっては)、強い味方なのだ。

YAMAHAのAVRには昔からシネマDSPという音場生成技術が搭載されていたのだが、これがシネマDSP HD3ってやつに進化した。
プレゼンス・スピーカーも利用して3D音場を生成してくれるのである。
普通のステレオ音源でも、3D音場を生成してくれるのだ。

しかも、このシネマDSP HD3のプログラムの中には、Village Vanguradというのも用意されているのである。
そりゃ、"The Complete Village Vanguard Recordings, 1961”を聴いてみたくなるってもんでしょ?

まずはアンプでシネマDSP HD3のプログラムをVillage Vanguardに設定する。


20191203-02.jpg


最後の"rd"が欠けとるやないかいっ!
って、ディスプレイが狭くて表示しきれないってよくあるパターンよね。
最初に流れて全体が表示されるときには、ちゃんと"rd"までついてます(笑)

さて、CDの再生だ。
映画部屋にCDを持ち込んで再生してもいいのだが、面倒だし、すでにNASに入っているCDなので、NASからAVRに送って再生してやることにする。

部屋は間接照明だけにして、暗めにしてやったほうが、雰囲気が盛り上がるだろう。


20191203-03.jpg


Village Vanguardに行ったことはないので、これが正しくVillage Vanguardの音響なのかはわからない。
しかし、信じる者は救われる(笑)
これがVillage Vanguardの音響なのだと信じ込めば、気分は一気に1961年のNYである。

シネマDSP HD3、なかなか楽しめます(^_-)-☆

タグ:Bill Evans
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ダブル・アーム [オーディオ]

ノッティンガム・アナログ・スタジオ(Nottingham Analogue Studio)Interspace HDの外部電源ユニットが、修理完了で戻ってきた。
同時に、2か月以上前に発注した新しいアームとアームベースも到着した。

アームのほうはすぐにショップのほうに届いたのだが、アームベースがなければセッティングできないので、その到着まで待っていたのである。

で、早速セッティングした。
Interspace HDに最初からついていたストレート・アームを内部断線のため取り外して以来のダブル・アームである。


20191201-01.jpg


ストレート・アームを取り外した後はSME 3010-Rをメイン・アームの位置に移動して使っていたが、再びサブアームの位置に戻して、メイン・アームには、オルトフォン(ortofon)のダイナミック・バランス型トーン・アームRS-212Dが鎮座することになった。


20191201-02.jpg


カートリッジはオルトフォンのCadenza Redである。
SPUも使うということでダイナミック・バランス型のRS-212Dのほうを選択したのだが、SPUのほうはさしあたりSMEのほうで使うことにした。

SPUを使うためには、有効長が変わる関係でアームの取り付け位置を変更しなければならないので、Cadenza Redをメインで使う以上、そのままではSPUは使えないからである。

まぁ、今後、Meister SilverとかRoyal GとかSynergyとかを導入したときには(全部じゃなくてどれかってことですよ 笑)、アームの取り付け位置を変更して、RS-212DでSPUを鳴らすことを考えているのだが、さしあたり、手持ちのSPU Classic GTやMONOはSMEで鳴らそうというわけだ。

この使い分けは、Cadenza Redはトランスをはさむが、SPU Classic GTやMONOはそのままMMに入力するので、その意味でも都合がよい。

さて、この新しいアームの導入で、(映画部屋の新しいサラウンド・システムで聴きなおしたいソフトも山ほどあるのにもかかわらず、さらに、)手持ちのレコードを片っ端から聴きなおしたい衝動にもかられている。
年末年始のお休み、早く来てくれないかなー

ところで、RS-212DにCadenza Redを搭載して聴く音は、より現代的な音だというのは想像に難くないと思うが、そうだとすると、最近の高音質レコードのほうが本領を発揮しそうなのに、「ターンテーブルに載っているのがマッチング・モウル(Matching Mole)ってどういうこと?」と思った方も多いかもしれない。

いや、まぁ、単純に、これはわりと最近手に入れたレコードでよく聴いていたので、違いがわかりやすいということもあったのだが、このレコード、一つ気になることがあって、情報を募りたいのである。

ボクが入手したのは、A2/B1の初回マトなのだが、マザー/スタンパーがA1/A10で、スタンパー・ナンバーが微妙に離れている。
微妙すぎて、B面はA1~A9ってのは存在しないんじゃないかとさえ疑っている(笑)
そんなわけで、これの初回マトのUKオリジナルをお持ちの方、B面のスタンパーがA1~A9だったら、ぜひ教えてくださいませm(_ _)m

タグ:Matching Mole
コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ノイズを放逐する [オーディオ]

DOLBY ATMOSの導入に際して、もう一つ購入したものがある。
それは、映画部屋のサラウンド・システムにおける最大のノイズを放逐するものである。

映画部屋のサラウンド・システムにおける最大のノイズとは、プロジェクターの冷却ファンの音だ。
発する音自体はエアコンと同じくらいだと思うのだが、何せ頭上のかなり近いところにある。
映画を観ているときはそんなに気にならないのだが、音楽を聴いているときは、かなり気になる。

しかも、DVD AudioやBlu-ray Audioなどを聴くとき、スクリーンに表示されるのは基本的に静止メニュー画面なわけで、プロジェクターで大画面表示する必要はまったくない。
小さなモニターで十分である。

そう、映画部屋のサラウンド・システムにおける最大のノイズを放逐するものとは、プロジェクターのかわりにメニュー画面を表示する小さなモニターだ。

さらに、音楽を聴くときには小さなモニターを使うようにすれば、プロジェクターのランプの寿命も延びることになるので、まさに一石二鳥なのである。

って、そんなことは前からわかっていたのだが、何故だかボクはずっと、19型くらいで手ごろな価格のテレビを探していた。
テレビといえば、なんとなく、パナソニック、シャープ、SONY、東芝あたりのメーカーじゃないとなぁと(何故だかわからないが)思ってしまう自分がいて、そうすると、そこそこの値段ではあるわけで、静止メニュー画面を表示するためだけのモニターとしては割高感が否めない。
そんなわけで、これまで導入に至らなかったのであった。

しかし、考えてみれば、静止メニュー画面を表示するだけのものなのだがら、テレビである必要はまったくない。
PC用モニターで十分なのである。
PC用モニターなら、メーカーへのこだわりも全くない。
価格的にも、いまや1万くらいで手にはいる。
ノイズ対策&プロジェクター・ランプの寿命延長という効果を考えると、割安感すらある。

そんなわけで、映画部屋で音楽を聴くときのメニュー画面表示用に、I-O DATA製のこのモニターを導入したのであった。


20191125-01.jpg


いやぁ、プロジェクターの冷却ファンの音から解放されるのは、想像以上に快適である。
いままで、マルチ音源に対してそこまで高く評価できなかったのも、この冷却ファンの音のせいだったかもしれない。

そんなわけで、ここのところ、映画部屋でのマルチ音源再生にはまっているのでありました。
(ノッティンガムがまだ復活してないというのもあるんだけどね。)

一応、ボクが導入したもののAmazonへのリンクを貼っておこう。



<画像をクリックするとAmazonにとびます。>

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

椅子がない [オーディオ]

ビートルズ(The Beatles)『アビー・ロード』50周年記念エディションのDOLBY ATMOSがすごいという話を聞いてからというもの、寝ても覚めてもDOLBY ATMOSのことばっかり考える日が続いていたのだが(大袈裟だっちゅうの 笑)、「カードで買えば、支払いはボーナス後じゃん!」ということに気がついて、衝動的にそろえてしまった(笑)

リビングにピュア・オーディオとの二重システムを構築することも考えたのだが、いろいろ解決しなければならない問題が多すぎて断念。
で、現在、映画を観るのにサラウンド・システムを構築している6畳相当の洋間のシステム入れ替えで対応することにしたら、AVRの買い替えとプレゼンス・スピーカーの設置だけでDOLBY ATMOSが導入できるわけで、こりゃ衝動的に買っちゃうよね(笑)

映画部屋でこれまで使ってきたAVRはMARANTZ SR6007だったので、それと同等かちょっと良いものということで、今回はこれを導入した。


20191124-01.jpg


えっ?型番がよく見えない?


20191124-02.jpg


YAMAHA RX-A1080である。
何故YAMAHAにしたかというと、MARANTZの前はYAMAHAを使っていてDSPがいろいろと楽しめることを知っていたからだ。
MARANTZの音に特に不満があったわけではないのだが、DSPが使えなくなったのは寂しかったのである。

プレゼンス・スピーカーは天井設置やフロント・ハイトの設置が面倒だったので、さしあたりイネーブルド・スピーカーを使うことにした。


20191124-04.jpg


SONY SS-CSEだ。
壁掛けも可能なので、イネーブルドがどうしても不満だったら、フロント・ハイトに設置しても使用できる。

ケーブルはもちろん、大栄電線製赤黒スピーカーケーブルだ。


20191124-05.jpg


ちなみに、フロント・スピーカー(Focal_JMlab Chorus 706S)のケーブルも大栄電線製に交換している。

あと、ついでにUHDBDプレーヤーも導入した。


20191124-03.jpg


SONY UBP-X800M2である。
これ一台でBlu-rayのほか、CDはもちろんSACDやDVD-AUDIOも再生できて、配線はHDMIケーブル一本だから、システムがとてもシンプルになった。
だいたい、これまでのシステムは、アナログ接続のSACDとHDMI接続のDVDやDVD-AUDIOの切り換えって、センタースピーカーを設置してないせいで、設定変更が必要な部分があったので、ちょっと面倒だったのだ。

しかも、このプレーヤーのアップコンバートはかなり優秀である。
普通のDVDがすごく綺麗になって、感動してしまった。

って、そんなことより、DOLBY ATMOSである。
『アビー・ロード』50周年記念エディションのDOLBY ATMOS、確かにすごいぞ。
空間は上下に広がるわ、ものすごい低域は出てくるわ、目を閉じるとなんだか部屋がでっかくなった感じすらする。

とはいえ、映画部屋のリスニング・ポジションに置いてあるのは、背もたれのついたビーズクッションみたいなロー・ソファで、背もたれを倒せば、ほぼ寝転んだ状態での視聴になるようなものである。
これまではそれほど不満もなかったのだが、何せ低くて天井からの距離が遠い。
イネーブルド・スピーカーからの音は天井に反射しているはずだが、少なくとも、音が天井に定位していることをはっきりと峻別できないし、音が降ってくる感じはもちろんない。
(リアのサラウンド・スピーカーが高い位置に設置してあるので、そっちの音のほうが降ってくる感じがある 笑)

聴く位置がもう少し高くなれば変わるかと立ち上がってみると、確かにガラリと変わる。
変わるのだが、立って聴くのも落ち着かないし、そもそもなんだかバランスが違う。
YPAOのセッティングを低い位置でしてるんだから当然である。

イネーブルド・スピーカーで天井設置にどこまで迫れるのかという根本的疑問はあるものの、少なくとも、もう少し高い位置でじっくりと視聴してみないことには、結論は出せない。

で、ちょうどいい椅子(一人用リクライニング・ソファ)を探しにいって、気に入ったものを見つけたのだが、配送は12月半ばになるそうで・・・

それでも、これまでのサラウンドとは違って上下にぐんと広がるDOLBY ATMOSの音場は魅力で、ロー・ソファーに寝っ転がりながら聴いてみるのだが、


     だけども 問題は いまの音 椅子がない~♪


と、思わず替え歌をうたってしまうのでありました(笑)

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

SPU-GTの三度目の復活 [オーディオ]

台風第19号が関東地方を直撃して甚大な被害をもたらした夜のこと、ボクの住んでいる近辺は風雨自体がそれほど激しくなかったし(千葉に甚大な被害をもたらした台風第15号のときのほうが雨風ともに激しかった)、被害もまったくなかったのだが、台風が過ぎ去ったあと、Nottingham Analogue StudioのInterspace HDでレコードを聴こうとしたら、外部電源ユニットのスイッチノブがポロリととれた・・・

そんなわけで、現在、Interspaceではレコードが聴けない状態である(修理等について現在問い合わせ中だが、未だ回答がないので、いつになったらInterspaceが使えるようになるのか不明 涙)。

仕方がないので、テクニクスのSL-1200MK4にOrtofon Cadenza Redをセッティングして聴いていたのだが、なんだか「これは違う」感が否めない。
要するに、Interspaceで鳴らすCadenza Redの音に慣れてしまっていて、SL-1200MK4で鳴らしたときの違和感がハンパないのである。

そんなわけで、SPU-GTをなんとか復活させられないかと考えた。

SL-1200MK4でSPU-GTを鳴らすってのもどうなの?って声が聴こえてきそうだが、ボクの場合、このカートリッジを手に入れたときにメインで使っていたのがSL-1200MK4だったし、対応ウエイトを購入して、しばらくはメインで使っていたので、あんまり違和感はない(笑)

さて、上で「復活させられないか」と書いたように、うちのSPU-GT、実は死んでいた。
左チャンネルの音が出なくなっていたのである。
実は、これは同じ症状での三度目の死だった。

最初にこの症状が出たのはずいぶん前のことで、そのときはもう寿命なんだろうと放置した。
ところが、しばらく放置した後、試しに使ってみたら、なんと普通に音がでる。
知らぬ間に復活していたのであった。

同じ症状が出た二度目の死は、去年の暮れのことだった。
そこで試しにOrtofonのサポートに問い合わせてみたところ、下記のような丁寧な回答があった。

可能性として一番高いのはシェルコネクター表面の経年酸化による接触不良です。
この場合、シェルのコネクター部分を、アルコールを浸した綿棒等で磨くことで改善する可能性がございます。

そうだったのか!
最初の放置のあと、試しに使ってみたとき、当然のことながらコネクター部分は接点復活剤で丁寧に磨いた。
それで復活したのね。

磨けばいいんなら簡単である。
ボクはせっせとコネクター部分を磨いた。
その結果、見事復活!
それが今年のお正月のことだ。

ところが、7月の始め頃だったか、再び同じ症状でSPU-GTは死んだ。
三度目である。

三度目は手強かった。
コネクター部ををどれだけ磨いても、ちっとも変わらない。
ってことで、ボクはもうこいつの復活は諦めていたのだ。

しかし、Interspaceが死んでいるいま、こいつには何とか復活してもらいたい。
ボクは再度、コネクター磨きに精を出すことにした。
で、ひっくり返して磨いているとき、ボクはハタと気づいた。
経年酸化による接触不良というなら、スプリング・リード線が怪しい。
実際、とくにシェルのほうとの接触部は黒ずんで見えた。

そこで、シェルからカートリッジをとりはずし、スプリング・リード線を抜いてコネクト部を磨いた。
もちろん、スプリング・リード線自体も軽く磨いた。


20191019-01.jpg


磨く前に写真を撮っておくのを忘れたので、ビフォー・アフターで比較できないのが残念だが、かなり綺麗になった。

で、聴いてみたところ・・・


20191019-02.jpg


見事復活!
しかも、なんだか、記憶にあるよりかなり音が良くなっている。
接点を磨くのって、ホント大事である。

そんなわけで、しばらくの間、SL-1200MK4とSPU-GTに大活躍してもらうことになりそうだ。

いや、でも、本音を言えば、早くInterspaceをなおしたいんだけどね・・・


コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - オーディオ ブログトップ