SSブログ
David Bowie ブログトップ
前の5件 | -

隠された影~Station to StationのUKオリジナル [David Bowie]

印刷技術に詳しい路傍の石さんから、「隠された影」の正体について教えてもらったので追記しました。(2022年1月11日22:30)

1月10日は、ボウイ(David Bowie)の命日である。
TLは、ボウイのレコード・ジャケットで溢れていた。

ボクはといえば、"Station to Station"のUKオリジナル(RCA Victor APL1-1327)を聴いていた。


20220110-1.jpg


実は、一昨日の記事は、前振りだったのである(笑)

このレコード、UK盤らしい中低域の分厚い音が心地よい。
とりわけ重くうなる低域によって作り出される重厚な音空間が、この作品の世界観にとてもよく合っていると思う。
この音があまりにも気に入っているので、US盤にはまったく手を出していない。

マトは1E/1Eも存在するが、2Eまでは初回カッティングじゃないかと思う。
つまり、1E/2E、2E/1E、2E/2Eも初盤マトだと思うのである。

逆に1E/1Eだからといって、初盤とも限らない。
最初からラッカーが2枚切られていれば、それだけ追加カッティングが必要になる時期は遅くなるし、それまでずっと上記4種類のマトでプレスされることになるからである。
初盤の2E/2Eが存在するし、レイトの1E/1Eが存在するのである。

ってことで、うちの盤のマトは1E/2Eなのだが、もうこれでいいと思っている。
それには、理由が二つある。

一つはレーベルである。
このレコードの初盤レーベルは、Side表記の隣にSTEREOがないものだと言われている。
このSide表記の隣のSTEREO、最初はなかったものが後についたというのならわかりやすいが、最初はあったが、途中でなくなり、また復活するという経緯だからややこしい。
ボウイのアルバムの初盤で言えば、たぶん"Young Americans"まではSTEREO表記があり、この"Station to Station"と"Low"がSTEREO表記なしで、"Heroes"からSTEREO表記ありに戻るんじゃないかと思う。
(手持ちの初盤らしきもののレーベルとDiscogsに登録された情報から推測したものだが、間違ってたらごめんなさい。)

そうだとすると、たとえばマト1E/1Eだとしても、STEREO表記ありのレーベルなら、"Heroes"がリリースされた頃のプレスだということになる。

うちのは、マト1E/2Eだが、無残にVICTOR表記が削り取られているのが切ないものの、STEREO表記がないレーベルだ。


20220110-2.jpg


レーベルの初盤条件は満たしている。

また、プレス時期の特定については、このレコードの場合、もう一つ手がかりがある。
このレコードは、RCAの白い汎用インナースリーブに入れられているのだが、このインナースリーブには製造年月日が印刷されているのである。


20220110-3.jpg


うちの盤が入っていたインナースリーブは、1975年12月製造だ。
"Station to Station"がリリースされたのは1976年1月23日だから、初回盤の可能性がかなり高いんじゃないかと思うのだ。

そんなわけで、マト1E/2Eのうちの盤も初盤と言っていいだろーと思っているのである。


それはそうと、このレコードのジャケットについて、一昨日初めて気づいたことが一つある。

普通に見れば、気づかない。

白地に『地球に落ちて来た男』のワンシーンと"STATIONTOSTATIONDAVIDBOWIE"という赤い文字だけの、いたって普通の表ジャケットである。


20220110-4.jpg


裏ジャケットは、白地に赤い文字で曲名が書いてあるだけのシンプルなものだが、これまたいたって普通である。


20220110-5.jpg


ところが、光のあたり具合で、文字にシャドウが見える。


20220110-6.jpg


表ジャケットのほうは、写真だとちょっとわかりにくいかもしれないが、裏ジャケットのほうは、写真でもわかるんじゃないかと思う。


20220110-7.jpg


白地に白いシャドウなので、普通に見たらまったく見えない。
隠された影なのである(笑)

みなさん、気づいてました?

この隠された影って、いつまであったのかな?
US盤とか日本盤にもあったんだろうか?
おわかりになる方は、ぜひ教えてくださいませm(_ _)m


<2022年1月11日22:30追記>
この隠された影みたいなものですが、文字にシャドウ装飾をかけているわけではなく、光の反射具合で透かしのように見える仕上がりになるOPニス加工というものが行われているようです。
路傍の石さんから、レコード・コレクターズの表紙で何度か使われていた技法ですよと指摘され、「それだー」と合点がいきました。


デヴィッド・ボウイ様
貴方が46年前に仕込んだ仕掛けに、貴方が亡くなって6年も経ってからようやく気づきましたよ。

R.I.P.

タグ:David Bowie
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Station to Stationの1991年リマスター盤 [David Bowie]

1月8日は、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の誕生日である。

しかし、うっかりしていて、日付が変わる1時間前くらいに気づいた。
1時間あれば、なんとかLP一枚は聴ける。

まぁ、なんだかんだでボウイのレコードは日常的に聴いているから、この際、あんまり聴かないレコードを聴くことにしよう。

ってことで、これを選んだ。


20220108-1.jpg


1976年にリリースされた9thアルバム"Station to Station"の1991年リマスターの際のアナログ盤である。
"Word on a Wing"と"Stay"のライブ・バージョンがボーナス・トラックで追加されていて、全8曲収録だ。

レコードを聴くときって、基本的にオリジナルを聴くので、リマスター再発のアナログってほとんど聴かないんだよねぇ。
このレコードも、もしかしたら、買ったときに一度聴いただけじゃないだろうか。


Discogsで確認すると、1991年のリマスター再発のとき、アナログ盤は、UK盤、EU盤、イタリア盤、ブラジル盤が出たようだが、ボクの持っているのはUK盤(EMI EMD 1020)である。

Discogsのジャケット写真にはステッカーが写っていないが、UK盤にももちろんステッカーは貼られている。


20220108-2.jpg


超久しぶりに引っ張りだしたが、見開きジャケットを開くと、美しいボウイの写真の数々が堪能できるので、これはこれで聴かなくても持っていたいと思うレコードだよなぁ。


20220108-3.jpg
20220108-4.jpg


Discogsのマケプレで、軒並みかなり高い価格で出品されているのは、そういうことなんだろうな。

タグ:David Bowie
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

無事到着 [David Bowie]

「出荷工程上の原因により」お届けされなかったので、再度試みたまったく同じ発注だが、何事もなく、通常通り本日到着した。

まったくもって謎である。

まぁ、でも、考えてみれば、何事もなく、通常通り届いてくれなきゃ困るんだが(笑)

で、何が届いたかというと、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)この二枚である。


20210714.jpg


一枚は、先日リリースされた『世界を売った男』(The Man Who Sold the World)の再発ジャケをピクチャー・ディスクにして再発したもの。
ポスター付きである。

この再発ジャケの盤は、UK盤はおろか、US盤も日本盤も持っていない。
そのうちポスター付きのUK盤かUS盤を手に入れようと思いつつ20年ぐらい経ってしまった(笑)
「ジャケットとポスターだけのためにそんな金額は出せないなー」という出品にしか出会わなかったからである。

そしたら、このポスター付きピクチャー・ディスクの再発である。
この再発ジャケについては、もうこれでいいやーと購入を決めた。
試しに音も聴いてみたが、まぁ、もう二度と聴かないやね。
もともとポスターも含めて眺めるだけのために買ったんだから、別にそれでもいいのである(笑)


(画像をクリックするとAmazonにとびます。)


もう一枚は、ファースト・アルバムのMONOとSTEREOをセットにしたもので、2010年にリリースされたものだが、まだ普通に買える。
2018年のRSDでカラー・レコード再発されたときに迷いつつ買わなかったのだが、もともとの黒盤がなんか安くなってたので、買ってみた。


(画像をクリックするとAmazonにとびます。)

このアルバムのオリジナルは、ちょっと高くて買えない。
ってことで、このレコード、眺めるためだけではなく、聴くためにも買ったものなので、CDで聴くより良い音じゃないと困る。
時間のあるときに、じっくり聴き比べてみよう。

タグ:David Bowie
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Alabama Song [David Bowie]

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)関連の記念盤は、次から次へといろんなのが出るので、「気がついた限りで食指の動いたものを買う」というのにとどめているのだが、"Alabama Song"の40周年記念盤については、使われている写真的には若干食指が動いたものの、「特に好きな曲でもないしなー」と結局見送ったのである。

しかし、655円というAmazonの叩き売り(2021年7月6日時点で651円まで下がっている)を目の当たりにしたら、あまりに不憫でポチってしまった(笑)



(画像をクリックするとAmazonにとびます。)


届いてみると、これがなかなか素敵である。


20210706-1.jpg
20210706-2.jpg


A Sideには45回転で"Alabama Song"が、AA Sideには33 1/3回転で1978年のEarls Courtでのライブから"Joe the Lion"と"Alabama Song"がおさめられているのだが、音も悪くない。

まぁ、音が悪くても、650円とかいう値段なら、飾るためだけに買ってもいいよね(笑)

でも、塩ビ焼け起こしそうなPVCスリーブに入ってるので、保存には注意しないとねぇ。

タグ:David Bowie
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ジギ―に何が起こったか? [David Bowie]

1月8日の記事で、ボクは、ボウイ(David Bowie)『ジギ―・スターダスト(The Rise And Fall Of Ziggy Stardust And The Spiders From Mars)』のUKオリジナル(RCA Victor SF 8287)には、ちょっと不思議なことがあると書いた。

今日はそのことについて書こう。

ここに2枚のUKオリジナルがある。


20210113-1.jpg


どちらも、裏ジャケにはまだMAINMANのロゴはない。


20210113-2.jpg


ジギ―のUK盤は1972年6月6日のリリースだが、MAINMAN MUSICは1972年9月に設立された会社だから、裏ジャケ(右上のA GEM PRODUCTIONの下)にMAINMANロゴがあったら初回盤ではない。

つまり、うちの二枚はどちらも初回盤の可能性がある。


レーベルも二枚とも同じで、このレーベルである。


20210113-3.jpg


ボウイのパブリシャーはTitanic/Chrysalisだ。
これまた、MAINMAN MUSICの設立によって、レーベル上のパブリシャー表記もMainMan/Chrysalisに変更されるから、MainMan/Chrysalisだったら初回盤ではない。

つまり、うちの二枚はどちらも初回盤の可能性がある。


このレコードにはインナースリーブが付属しているが、これまた、うちの二枚には同じものがついていた。


20210113-4.jpg
20210113-5.jpg


インナースリーブにはUK盤のレコード番号は印刷されておらず、国際共通番号のLSP-4702の方だけだ。


20210113-6.jpg


これは、MAINMANロゴ付きジャケ/MAINMANレーベルになっても同じなので、特に初回盤の証ではない(笑)


さて、では、うちの二枚、どちらも初回盤なのかというと、違うと思う。

一枚のマトが1E/1Eなのに対して、もう一枚のマトが1E/2Eなので、後者は初回盤にはなかった可能性がないことはないが、2E/2Eまでは最初からあった気がする。
というのも、うちの二枚、ジャケットが明らかに違うのだが、確かにうちの二枚については、ファーストジャケと思われる方に1E/1Eが、セカンドジャケと思われる方に1E/2Eが入っていたものの、ebayでしばらく観察していたところ、ファーストジャケと思われる方に2E/2Eが入っていたり、セカンドジャケと思われる方に1E/1Eが入っていたりしたからである。

さて、では、どういう風にジャケットが違うかなのだが、これ、見比べると歴然としている。
一枚はオリジナルのジャケット、もう一枚は、オリジナルをコピーして版下を作り直したものだからである。

見分け方は簡単で、オークションとかの写真でも(Discogs掲載の写真でも)判定できる。
表ジャケの右上に、オリジナルをコピーするときに何かが写り込んだらしく、一本の白い線が入っているからである。


20210113-7.jpg


黄色い☛でココと書いてあるところだ。
RCAロゴが印刷されている位置もずれている。

写真ではわからないかもしれないが、実はこの白い線が入った方は、オリジナルのジャケットに比べると若干ジャケット画像がボケている。
さらに言えば、ほんとに僅か(ジャケット全体で数ミリ程度)であるがオリジナルより拡大されている。
見比べると、どちらがオリジナルかは歴然としている。

ちなみに、これは、オークション画像では判断できないと思うが、RCAロゴのRCAとVICTORの間のレコード番号が、オリジナルは微妙に色が違っているが、セカンドジャケは同じである。


20210113-8.jpg


はっきりと違いがわかるのが背表紙で、オリジナルは上の方からタイトルが印刷されているのに対して、セカンドジャケはちょっと下から印刷されている。
表ジャケに印刷されたDAVID BOWIEやZIGGY STARDUSTの文字の位置と比べると、背表紙のタイトルが印刷されている位置がわかるだろう。
表ジャケでDAVIDと印刷されているところから背表紙のタイトルが始まっているのがオリジナルジャケで、ZIGGYと印刷されているところから始まっているのがセカンドジャケである。


20210113-9.jpg


それにしても、なんでこんなジャケ違いがあるんだろう?
リリースから何年も経った後の再発で、オリジナル・ジャケットをコピーして再発ジャケットを作っているのはたまに見かけることがあるが、リリース当初からこんなコピージャケットを作ってるのは、あんまり聞いたことがない。

しかも、これ、RCAロゴだけはセカンドジャケでもちゃんと印刷されているので、コピー元は、オリジナルジャケットの完成品じゃなくて、完成前のRCAロゴの印刷されていない段階のものだったんだろうと思うのだ。

さて、ジギ―にいったい何が起こったんだろう?

タグ:David Bowie
コメント(4) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - David Bowie ブログトップ