SSブログ
The Beatles ブログトップ
前の5件 | -

Come Together/Somethingの日本初回盤 [The Beatles]

昨日、藤原さくらちゃんの記事のために引っ張り出したCome Together/Somethingの日本初回盤(Apple AR 2400)だが、ちょっとおもしろいので紹介することにしよう。
たぶん、ビートルズ・コレクターの間ではよく知られたことなんだろうけど、ボクは初めて気づいたのだ。


20220301.jpg


Come Together/Somethingの両A面シングルは、1969年10月6日にまずアメリカでリリースされ、本国イギリスでは10月31日に、日本では11月21日にリリースされた。
当時のシングル盤の定価は400円で、その後1972年には500円になったようなので、400円盤ならまぁファースト・プレスでいいんじゃないかと思う。
うちのは400円盤なので、ファースト・プレスの関門はクリアだ。

しかも、PMを確認すると、9TXである。


20220302-1.jpg


東洋化成委託プレスではあるものの、1969年10月プレスなわけで、発売日前月プレスである。
正真正銘の初回盤だ。

マトだって、まずCome Togetherサイドを見ると、1S 19である。


20220302-2.jpg


ご丁寧に1Sが2回も刻印されている。
いや、「ご丁寧に」じゃない。
2回も刻印されているのは、どう考えてもおかしい。

Somethingサイドのほうも、マト自体は1S 18なのだが、その前に2Sがついている。


20220302-3.jpg


こりゃ、間違いというわけではなく、何か意味があるはずだ。
では、いったいどういう意味があるんだろう?

あちこち眺めながら考えていたら、レーベル上のマスターテープ・ナンバーが目に入った。


20220302-4.jpg
20220302-5.jpg


Come TogetherサイドはYEX-749-1S、SomethingサイドはYEX-749-2Sがマスターテープ・ナンバーになっている。
つまり、ラッカー・ナンバー1Sの前の1S(Come Togetherサイド)とか2S(Somethingサイド)は、マスターテープ・ナンバーの末尾だったのだ。
紛らわしいっちゅうの。

でも、なんで、こんな紛らわしいことしたんだろう?

そこでハタと気づいた。
YEX-749って、Abbey Roadのマスターテープ・ナンバーじゃん。
ってことは、YEX-749-1SはAbbey Roadの1曲目、YEX-749-1Sは2曲目ってことで、つまりは、Come Together/Somethingの両A面シングルは、シングル用のマスタテープではなく、アルバムAbbey Roadのマスターテープを使ってカッティングされたわけだ。

UK盤は、マスターテープ・ナンバーが7YCE 21369/7YCE 21370となっていて、ちゃんとシングル用のマスターテープでカッティングされている。
そのシングル用マスターテープ、日本には送ってもらえなかったのね。


NO WAR PLEASE
タグ:THE BEATLES
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Let It Be [The Beatles]

うちにもようやく2021Mixの"Let It Be"が届いた。
Dolby Atmosと5.1 DTS-HD、それからブックレットが目当てなので、必然的にスーパー・デラックス・エディションになるのだが、節約のため、日本盤でなく、輸入盤を選んだ。


20211017-1.jpg


ふだんテキトーにポスターを入れ替えたりしているフレームに、金曜の新聞に出た一面広告をポスター代わりに入れて飾り、わが家のリビングはしばらくLet It Be祭りである。

レココレの最新号(2021年11月号)も買ってきたことだし、これを読みながら、スーパー・デラックス・エディションをじっくりゆっくり楽しむことにしよう。


20211017-2.jpg


レココレといえば初盤道だが、今回は特集に連動して"Let It Be"を掘りに掘り、カラー6ページの拡大版である。
米国アセテート盤とそれに添付されていた資料まで登場している。

レココレといっしょに写したのは、向かって左側がUSオリジナル、右側がUKオリジナルだが、UKの方は箱入りではない。

USオリジナルの方は、今回の初盤道で無事初盤認定できたのだが(マトは16/15だけどね)、UKオリジナルの方は初盤の仲間に入れていいものなのか判然としない。

うちのUKオリジナル、ラミネートされたシングル・スリーブ裏のアップル・ロゴが赤なのである。


20211017-3.jpg
(向かって左がUSオリジナルで、右がUKオリジナル。)



初回はボックスのみで半年後にLP単体でもリリースされるようになったとのことだが、そのLP単体リリースのときにレッド・アップル・ロゴもあったんだろうか?

それに、うちの盤は、マト2U / 2Uは当然として、マザー/スタンパーは1 OO / 2 GTだ。
なにしろビートルズである。
半年後のプレスなら、もうちょっとスタンパーが進んでいそうな気がする。

ってことで、本格的にLP単体リリースに移行する以前から、ボックスと平行して少数ながらLP単体リリースもされていたんじゃないかと思うのである。
まぁ、もともとボックスに入ってたものが、どこかで箱とブックレットがはぐれてしまったという可能性もないわけではないが(笑)

そんなわけで、うちの箱無し"Let It Be"も、初盤とまでは言わない(なにしろブックレットにも、初版、第二版、第三版があるしねぇ)が、ファースト・プレスの仲間には入れてもらっていいんじゃないかという気がしているんだが、どうだろう?
少なくとも、グリーン・アップル・ロゴの盤が入っているボックスよりも初期プレスだよね?

昔は箱入りを買おうかと迷ってたこともあったのだが、もはや高くて買えないのよね・・・
だから、ボクにとっては、LP単体リリースのレッド・アップル・ロゴ盤の位置づけが大問題なんである。

タグ:THE BEATLES
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

はじめてのビートルズ [The Beatles]

2日ほど前の事になるが、6月29日は「ビートルズの日」だった。
といっても、1966年6月29日に初来日したことを記念して定められたものなので、日本独自の記念日であって、世界には通用しない(笑)

まぁ、でも、便乗するのである。

ってことで、もはやめったに聴くことはないが、とても思い入れが深いレコードを聴いた。
ボクが初めて買ったビートルズのレコードである。


20210701-1.jpg


日本では1977年11月5日にリリースされた編集盤『ラブ・ソングス』(EAS-50007・8)だ。


中学2年のとき、はじめてレコード・プレーヤーを買ってもらった。
一応スピーカーが独立していたものの、スピーカー内蔵のポータブル・プレーヤーに毛が生えたようなものだったが、レコードが聴けることがとにかく嬉しくて、部活動でへとへとになって帰宅した後も、毎日必ずターンテーブルにレコードを載せていた。

そのころ、友だちの影響でロックも聴くようになり、ビートルズにも出逢った。
友だちの家で聴かせてもらったり、ラジオで聴いたりして、好きな曲がどんどん増えていった。
そんなときに発売されたのが『ラブ・ソングス』で、大好きな曲ばかり収録されているそのレコードは、ボクには宝石箱みたいにキラキラ輝いて見えた。

実際、革張りのようにテクスチャー加工されたジャケットには、メンバーのシルエットとタイトル等が箔押しされていて、文字通り、キラキラ輝いていた(笑)

ホント、このレコードはよく聴いたなぁ・・・

でも、このレコード、『ラブ・ソングス』だから仕方ないんだけど、超有名曲が入ってないのよね。
そう、"Let It Be"が入ってないのだ。

そんなわけで、中学生のボクは、『ラブ・ソングス』を補充するものとして、『レット・イット・ビー』(EAS-80561)を買った。


20210701-2.jpg


あんまり時間を置かずに両方手に入れた記憶があるのだが、中学生の少ない小遣いで、よく買えたなぁ。
ちょっと不思議だったのだが、その謎は、送り溝のPMが解いてくれた。

『ラブ・ソングス』のPMは7-Y。
1977年11月の発売日当月プレスだ。
おそらく、これはクリスマス・プレゼントにとねだって買ってもらったんだな。

『レット・イット・ビー』のPMは7-Z。
1977年12月プレスだから、これはおそらく、お年玉で買ったのだ。

はじめて買ったビートルズのレコードを毎日聴きまくっていた中学生の頃のことを、ちょっと思い出してしまったよ(笑)

タグ:THE BEATLES
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HBD ポール [The Beatles]

本日6月18日は、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の誕生日である。
79歳になったとのことだが、まだまだこれからも元気で活躍してほしいなぁ。

で、どのレコードを聴いてお祝いしようかと考えていたのだが、そしたら、ふっと思い出したことがある。





このプレイリストが何だかわかるだろうか?
これ、実は、ちょうど一年前の今日、THE TRAD@TOKYO FMで「勝手にお誕生日会―ポール・マッカートニー誕生祭」と題する特集が行われたときに放送された曲を、プレイリストにしたものなのである。

「誕生祭」の選曲にしては、イントロダクションの"Band on the Run"はいいとして、その後が、”Junk”、"Martha My Dear"、"Day Tripper"ってちょっと考えられないのだが、これが実にポール愛に溢れた選曲なんだな(笑)

というのも、"Junk"を選曲したのはReiちゃん、"Martha My Dear"を選曲したのは元キリンジの堀込泰行さん、"Day Tripper"を選曲したのはハマくんで、それぞれポール愛に溢れたコメント付きで「私的ナンバーワン・ソング」として選曲しているからである。

ボクの「私的ナンバーワン・ソング」は何だろう?
やっぱり、"Black Bird"かなぁ?
ハマくんの選曲理由と似ているが、初めて弾き語りに挑戦した洋楽曲だから。
まぁ、ボクの場合は、普通にスリーフィンガーで弾いてただけなんで、完コピには程遠かったけどさ(笑)

さて、じゃ、"Black Bird"だけでなく"Martha My Dear"も入ってるし、ホワイト・アルバムのSide 2を聴いて、お祝いしようかな。

Happy Birthday, Paul!


20210618.jpg


"I Will"が流れ出して、ふっと思い出した顔がある。
「ビートルズの曲の中で"I Will"が一番好き。」って言ってた彼女、どうしてるかなぁ?
友だち以上恋人未満だった人のことって、思い出すとちょっとキュンとするよね(笑)

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 50周年記念 [The Beatles]

グレッグ・オールマン(Gregg Allman)の訃報があったりして、オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)のレコードを1枚聴いたりはしたのだが、昨日の夕方届いてから、ビートルズ(The Beatles)「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)」をずっと聴いている。

オールマン・ブラザーズ・バンドだって、一時期毎日のように「フィルモア・イースト・ライヴ(At Fillmore East)」を聴いてたこともあるので、それなりに思い入れもあるのだが、「サージェント・ペパーズ」はその存在自体がボクの中では別格なうえに、今回のリミックスには、もう完全にノックアウトだったのである。

まずは、5.1サラウンド・ミックスにぶっ飛んだ。
こりゃ、確かにすごい!


20170528.jpg
<サラウンドを聴けるのは映画部屋だけなので暗くてよく見えないかもしれないが、手前のテーブルの上にスーパー・デラックス・エディションのでかい箱が広げてある。>


サラウンドは確かにすごいのだが、リビングのメインシステムでは聴けない。
それに、個人的にはオリジナルのステレオ・ミックスにいろいろ不満があったから、ステレオ・リミックスにはかなり期待していたところがある。

ってことで、サラウンドを一通り聴いたあと、リビングのメインシステムでステレオ・リミックスを聴いてみたのだが、これがまた素晴らしい!
こんなステレオ・ミックスが聴きたかった。
本来こうあるべきだったステレオ・ミックスというか・・・
リミックスというより、ボクには、新たなオリジナルという印象なのだ。

オリジナルなら、アナログで欲しい。
ってことで、アナログは見送ろうかと思っていたのに、さっき発注してしまったよ。

さて、ボクが手に入れたのはスーパー・デラックス・エディション日本盤なので、いろいろ楽しめるものがたくさんついている。
これからしばらくは、「サージェント・ペパーズ」漬けになりそうだ(笑)

それはそうと、今回のリミックスでは、"A Day in the Life"の後のSgt.Pepper Inner Grooveの最初のとこが15kHzのモスキート・ノイズになってたんだけど、これっていつから?
(何を隠そう、オリジナルのステレオ・ミックスが苦手だったので、CDで「サージェント・ペパーズ」をちゃんと聴いた記憶がない 笑)

UKオリジナルのアナログでは、笛みたいのがかすかに聴こえる程度だったのに、このモスキートは耳障りでしかないぞ・・・

タグ:THE BEATLES
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - The Beatles ブログトップ