SSブログ
Peter Hammill ブログトップ

Happy Birthday, Mr. Hammill♪ [Peter Hammill]

11月5日はピーター・ハミル(Peter Hammill)の誕生日である。

今年はこのアルバムを聴いてお祝いしていた。


20211105-1.jpg


1975年リリースのピーターのソロ・アルバム"Nadir's Big Chance"だ。

何故このアルバムなのかといえば、真っ先に思い浮かんだからなのだが、何故真っ先に思い浮かんだのかといえば、"You're Only Lonely"のインナースリーブが頭に残っていたからに違いない(笑)

UKオリジナル(Charisma CAS 1099)は、B&C配給のスモール・マッド・ハッタ―・レーベルだ。


20211105-2.jpg


マトは2U/1U。
あんまり売れなかったようで、オリジナルでは、これしか見たことがない(Phonogram配給の再発ではリカッティングされている)。

あまり売れなかったからなのか、手持ち盤のスタンパーは1R/1Mとかなり若い。

ピーターのアルバムでもっともパンクな一枚は、ジョージ・ペカム(George Peckham)のカッティングで、インナースリーブにも"Cut by George Peckham in The Master Room"と明記されている。


20211105-3.jpg


送り溝にもしっかりPORKYのサインがある(Side 2はPECKO)。


20211105-4.jpg


ペカムのパンクなカッティングが楽しめる(笑)


ピーター・ハミル様、お誕生日おめでとうございます。
これからもお元気で、素晴らしい音楽を届け続けてください。

タグ:PETER HAMMILL
コメント(0) 

Happy Birthday, Mr. Hammill♪ [Peter Hammill]

ツイッターのTLに流れてきたつぶやきに、今日がピーター・ハミル(Peter Hammill)氏の誕生日だと教えてもらった。

まもなく来日公演、ボクは行けないけど、きっと素晴らしい歌と演奏を聴かせてくれるに違いない。

さて、誕生日のお祝いに何を聴こう?
ハミル氏にすれば「最新作を聴け!」ってところだろうけど、ボクがまず最初に聴きたくなったのはこれだった。


20161105-3.jpg


Van der Graaf Generator, "The least we can do is wave to each other"である。
とにかく"Refugees"が大好きなんである。

今日は、オリジナル「回収」ミックスで聴こう。


20161105-4.jpg


オリジナル「回収」ミックスのくせにMatrixが進んだものがあったり、いろいろと不思議で、かつて友人と、あれやこれやと仮説をたてたりしてみたのだが、結局よくわからなかった(笑)

あれから10年くらい経つけど、解明されたのかな?

それはともかく、お誕生日おめでとうございます。
これからもお元気で、素晴らしい音楽を届け続けてください。

Peter Hammill ブログトップ