SSブログ
George Peckhamの仕事 ブログトップ
前の5件 | -

ELP, TarkusのUKオリジナル [ George Peckhamの仕事]

12月7日は、グレッグ・レイク(Greg Lake)の命日である。
今年は、このレコードを聴くことにした。


20221207-03.jpg


ELP(Emerson, Lake & Palmer)が1971年5月にリリースした二作目のスタジオ・アルバム"Tarkus"のUKオリジナル(Island Records ILPS 9155)である。

初回盤はマト1U/1Uで、PORKY/PECKOのサインがあり、ジョージ・ペカム(George Peckham)のカッティングだ。
UK盤らしく、中低域の分厚い、素晴らしい音で鳴る。

1973年のマンティコア再発(Manticore K 43504)もリカッティングのマトA1/B1で紛らわしいが、まぁ、マンティコア再発をオリジナルと間違える人もいないだろうからいいか(笑)

ピンクリム・アイランド・レーベルも、1972年に、STEREO表記が消えて、Side表記がレコード番号の隣にAまたはBと表記されるようになるので、そのレーベルだとセカンド・レーベルということになる。

初回盤のレーベルは、このように、STEREO表記があって、Side表記はSide 1/Side 2だ。


20221207-04.jpg


ジャケットは、E.J. Day Group製が初盤だったと記憶しているが、Howards Printers (Slough) Ltd.製だとセカンド・プレスになってしまうのかまでは知らない。

R.I.P.

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HBD キース・エマーソン~ELP, Pictures at an ExhibitionのUKオリジナル [ George Peckhamの仕事]

11月2日は、J.D.サウザー(J.D. Souther)とキース・エマーソン(Keith Emerson)の誕生日である。
ってことで、まずは、J.D.サウザー"You're Only Lonely"のUSオリジナル(Columbia JC 36093)を聴いて、その後、ELP(Emerson, Lake & Palmer)"Pictures at an Exhibition"のUKオリジナル(Island Records HELP 1)を聴いた。

"You're Only Lonely"については以前記事にしたことがある(https://sawyer2015.blog.ss-blog.jp/2021-11-05 をどうぞ)ので、今日は、"Pictures at an Exhibition"のUKオリジナルを取り上げよう。


20221102-3.jpg


マトは両面とも1Uで、A面にPORKY、B面にPECKOというサインがある。
つまり、ジョージ・ペカム(George Peckham)のカッティングだ。
中低域の分厚い音がスピーカーからうなりを上げて飛び出してくる。
実に良い音である。

HELPシリーズのレーベルは、ピンクiの色違いのようなブラック・レーベルだが、ちょっと変遷があって、初期は、このように、レーベル中央右のHELP 1の下が@1971のみである。

20221102-4.jpg


その後、@1971の後にIsland Records Ltd.と追記される。
つまり、HELP 1の下が@1971 Island Records Ltd.となっているのはセカンド・プレスということだ。

もう一つ、Discogsにはリムの印刷がないレーベルが出ているのだが、片面だけだし、これはミスレーベルなんじゃないかなぁ・・・

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Deep Purple, Live in Japanの真実 [ George Peckhamの仕事]

「何故、Side 4だけ輸入ラッカーが使用されなかったのか?」について、すろはん先輩が、当時の内部事情を知っている方に取材してTwitter(現X)で報告してくださったツイートを、転載させていただきました。(2024年2月10日追記)

8月19日は、イアン・ギラン(Ian Gillan)の誕生日ということで、このレコードを引っ張り出して聴いていた。


20220819-5.jpg


1972年8月に行われた来日公演の模様をおさめたロック史上屈指の傑作ライブ・アルバム、ディープ・パープル(Deep Purple)"Live in Japan"(ワーナー・パイオニア P-5066~7W)である。
アルバム・タイトルは、日本盤のみ"Live in Japan"で、ほかはすべて"Made in Japan"だ。

このライブ・アルバム、もともと日本のみでリリースの予定だったらしいが、あまりにも出来が良かったために、UK本国でも間髪おかずに日本と同じ1972年12月に、アメリカでも翌月の1973年1月にリリースされた。

そんな経緯なので、来日公演をおさめたものでもあるし、日本盤には特別な意味がある。
おまけに日本盤には、UK盤と同じくジョージ・ペカム(George Peckham)がカッティングした輸入ラッカーが使用されている。
もう日本盤だけ持っていれば良さそうである。
幸いうちの盤は、グリーン・レーベルの初回盤というだけでなく、発売前月の1972年11月プレスだ。


20220819-6.jpg


送り溝のPM2―Yがそれを証明している。
(一枚目をターンテーブルに載せていたので、二枚目のSide 3のPMだが、Side 1ももちろん同じである。)
日本盤だけ持っていればいいなら、それに越したことはない。

しかし、やはりそういうわけにはいかないのである。
そういうわけにはいかない決定的な事実があるのだ。

あんまり語られていない気はするが、仲間内では昔から話題になっていたことなので、おそらく多くの人が気づいているんじゃないかと思う。

さきほど、日本盤もペカムがカッティングした輸入ラッカーを使用していると書いた。
しかし、ペカムのカッティングであることを示すサインは、Side 1からSide 3までにはあるが、Side 4にはないのである。
一応書き出しておくと、送り溝のサインは次のようになっている。

Side 1 PORKY
Side 2 DELTA PORK
Side 3 PECKO
Side 4 サインなし

これは何を意味しているのだろうか。
「単にペカムがサインを忘れただけだろー」と淡い期待を抱きたい人もいるかもしれないが、ペカムがサインを忘れた例というのは記憶にない。

実際、Side 4はペカムのカッティングではなく、日本独自カッティングなのである。

さきほどPMのことを話題にしたが、PMの形式から、このレコードが東芝(当時は東芝音工)プレスであることがわかる。
自社工場を持たないワーナーは、東芝や東洋化成にプレス委託をしていたが、このレコードについてはメッキ処理からプレスまで東芝で行われている。
そして、Side 4のカッティングもおそらく東芝で行われている。

東芝では、輸入ラッカーの場合は、ラッカー・ナンバーにLがつく。
このレコードの場合も、Side 1からSide 3までのラッカー・ナンバーはLである。
ちなみに、うちの盤のSide 1からSide 3までのマト(スタンパーまで含む)は次の通りだ。

Side 1 L-A-10
Side 2 LーAー6
Side 3 LーAー6

Side 3のマトの画像を載せておこう。


20220819-7.jpg


それに対して、Side 4のラッカー・ナンバーにはLが使用されていないのである。


20220819-8.jpg


Side 4のマト(スタンパーまで含む)は、1ーAー11だ(光の加減でスタンパー・ナンバーの11が見えにくいが、間違いなく11である)。
Lではなく1が使用されているというのは、輸入ラッカーではないということである。
それが東芝のマトのルールだ。

実際、Side 4の音には、ペカム・カッティングのSide 1からSide 3までに聴くことができるような、うなる低域や分厚い中域が感じられない。
つまり、Side 3までは日本盤でいい(プレスの良さを考えれば、むしろ日本盤がいい)のだが、Side 4については、ペカムがカッティングしている("Peckie"というサインがある)UK盤(ドイツ盤でも良い)で聴かないとダメなのである。

面倒なんだけどね(笑)


それにしても、何故、Side 4だけ輸入ラッカーが使用されなかったのだろう?
送ってもらったものの、なんらのトラブルでダメにしちゃったんだろうか?
このあたりのことは、当時の内部事情を知っている人にしかわからないよねぇ。


2024年2月10日追記

「何故、Side 4だけ輸入ラッカーが使用されなかったのか?」について、すろはん先輩が、当時の内部事情を知っている方に取材して、Twitter(現X)で報告してくださいました。
1年近く経ってしまいましたが(ツイートは2023年2月27日)、すろはん先輩の許可を得て、転載させていただきます。
(しばらくしたら転載させていただこうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまっていました。すみませんm(_ _)m)


【ライヴ・イン・ジャパン/カッティングの真実】


slowhand01.jpg
slowhand02.jpg


昨年夏に想也さんから出された宿題に関し、昨年晩秋に知人である元ワーナーパイオニア洋楽ディレクターの佐藤晃彦氏に事の経緯のリサーチ」をお願いしておりました。

そして10日前に佐藤晃彦氏の主宰による同盤の特別視聴会が『下北沢/アナログ天国』にて開催された際、催事開始時間の前に、お願いしていた「事の経緯リサーチ」の取材をさせて頂きました。


slowhand03.jpg


1972年当時、ワーナーパイオニアのパープル担当ディレクターは折田育造氏で(日本グラモフォンでZEP担当だった事で有名ですね。)、サブ担当が加藤正文氏だったとの事。
折田氏は既に逝去されていたので、佐藤氏の先輩にあたる加藤氏へヒアリング。

1972年パープル来日~『ライヴ・イン・ジャパン』製作/発売当時は折田氏が全てを統括していた為「正確な状況確認」は無理だったが、洋楽担当ディレクターとして「何故にSIDE.4だけ日本国内カッティングとなってしまったか?」は推測出来るとの事。

70年代後半までは本国レーベル側から指定ラッカー盤が送付される事は何件もあったが、時としてその中の一部に外周溝から音溝部分に繋がってない/針が進まないのが検知される、又は傷迄では無いが、音に出そうな突起発覚のラッカー盤があったとの事。

この盤のSIDE.4に関しては、十分にそのケースが考えられるとの事。その様な事故発覚ケースを想定し、レーベル本国からは指定ラッカー盤と伴にコピーマスター・テープが必ず同送されており、そこから諸調整して日本側でカッティングした事は何度もある。

折田育造氏が逝去されてるので完全な真実解明には至りませんでしたが、元ワーナーパイオニア洋楽担当ディレクター諸氏の見解は、ほぼコレが真実に近いと思われるとの事でした。
何故にSIDE.4にだけGeorge Peckhamのサインが無いのか?は、これが真実?


slowhand05.jpg
slowhand06.jpg
slowhand07.jpg
slowhand04.jpg


SIDE.4日本国内カッティング時は、統括ディレクターだった折田氏が立ち合ったと思われます。又日本のカッティング・エンジニアは、海外(特に米国)カッティング・エンジニアよりもピークメーターのレッドゾーンを特に意識して作業にあたっていたとの事。

日本がピークメーターのレッドゾーンを其処まで意識していた理由は、日本のレコードの品質保全意識にあったとの事。それは、当時の日本のレコード業界に於ける返品制度の存在も非常に大きかったとの事。逆に返品制度の無い米国のカッティング・エンジニアは、レッドゾーン無視の傾向があったとの事。

また本国レーベルから指定ラッカー盤と伴にコピーマスターが必ず同送されてた事は、先程の様な事故案件の想定以外に「増産プレスが多くなり、リカッティングのラッカー盤が必要になる」or「後々にリカッティングして再発する」事も想定されてたとの事です。


すろはん先輩、ものすごく貴重な情報をありがとうございました!

タグ:DEEP PURPLE
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Happy Birthday, Mr. Hammill♪ [ George Peckhamの仕事]

11月5日はピーター・ハミル(Peter Hammill)の誕生日である。

今年はこのアルバムを聴いてお祝いしていた。


20211105-1.jpg


1975年リリースのピーターのソロ・アルバム"Nadir's Big Chance"だ。

何故このアルバムなのかといえば、真っ先に思い浮かんだからなのだが、何故真っ先に思い浮かんだのかといえば、"You're Only Lonely"のインナースリーブが頭に残っていたからに違いない(笑)

UKオリジナル(Charisma CAS 1099)は、B&C配給のスモール・マッド・ハッタ―・レーベルだ。


20211105-2.jpg


マトは2U/1U。
あんまり売れなかったようで、オリジナルでは、これしか見たことがない(Phonogram配給の再発ではリカッティングされている)。

あまり売れなかったからなのか、手持ち盤のスタンパーは1R/1Mとかなり若い。

ピーターのアルバムでもっともパンクな一枚は、ジョージ・ペカム(George Peckham)のカッティングで、インナースリーブにも"Cut by George Peckham in The Master Room"と明記されている。


20211105-3.jpg


送り溝にもしっかりPORKYのサインがある(Side 2はPECKO)。


20211105-4.jpg


ペカムのパンクなカッティングが楽しめる(笑)


ピーター・ハミル様、お誕生日おめでとうございます。
これからもお元気で、素晴らしい音楽を届け続けてください。

タグ:PETER HAMMILL
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

終戦の日 [ George Peckhamの仕事]

終戦の日には、"Imagine"を聴く。

"夢想家だ”と揶揄されようと、理想の未来を思い描くのである。

そう決めているので、今年ももちろん聴く。


20210815.jpg


今年はUKオリジナルで聴いた。

両面マト1U、PORKY/PECKO刻印のあるジョージ・ペカム(George Peckham)のカッティング、インナースリーブ、ポスター、ポストカード(豚)付きの完品。
ジャケットにはちょっと皺があるのでEXとしても、盤その他の付属物はNMの美品。
20年ぐらい前に手に入れたときには、「完璧だぜ~」と思っていた。
当時はマザー/スタンパーについてはそこまで気にしていなかったのだ。

おそるおそる送り溝を確認すると・・・

3GGG/5GGA

両面合わせて5G・・・最新だぜ(違)

タグ:John Lennon
コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - George Peckhamの仕事 ブログトップ