SSブログ
Elvis Costello ブログトップ

My Aim Is True♪ [Elvis Costello]

どうやら、イエローバックのコーティング・ジャケットがわりと珍しそうなので、グリーンバックのマット・ジャケットと比較した画像を追加しておきました。

4月9日放送のTHE TRAD@TOKYO FMをタイムフリーで聴いた。
3時台のTODAY’S MUSIC RECOMMENDは、来日中のコステロ(Elvis Costello)特集である。
解説のために呼ばれたゲストは、「レコード・コレクター紳士録」でお馴染みの大鷹俊一さんだ。
レコード・コレクターズのライター陣がついにTHE TRADに進出なのである。
次は紙ジャケ探検隊か?
その際には、鞄持ちをするので付き添わせてください(笑)

さて、コステロ特集である。
一発目は、ファースト・アルバム"My Aim Is True"収録の名曲"Alison"だ。

     ♪ Alison, I know this world is killing you
     ♪ Oh, Alison, my aim is true

弾き語りレパートリーのうちの一つだから、思わず口ずさんでしまう。

そんなわけで、引っ張り出した。


20240410-01.jpg


もちろんUKオリジナル(Stiff Records SEEZ 3)である。

初期盤は、表ジャケットが白黒写真に赤文字なのだが、裏ジャケットの色違いがある。
Discogsによると、イエロー、ピンク、ブルー、オレンジ、グリーン、パープル、クリムゾン、ベージュの8色があって、イエローにはコーティングとマットがあるとのこと。
これで9種類だが、印刷会社違いなどもあって、少なくとも11種類はあるそうだ。

マトは、初盤はA1/B1だが、A面だけ途中で何かトラブルがあったのか、そのうちA2/B1になる。

レイトになると、表ジャケットの写真の背景もグリーンになって、マトもA3/B3が出てきて、さらにはA10/B10なんてのも出てくる。

初盤の条件は、マトについてはA1/B1でいいと思うのだが(A1/B1は両面ペカム(George Peckam)のカッティングだが、A2にはペカムのサインはないので、後からカッティングされたものだと考えられるからである。)、少なくとも11種類もあるというジャケットについては、まったくボクの手には負えない。

探検隊が掘ってくれてないかなぁ?
あっ、白土さんがたぶん全部持ってるから、季刊雑誌『analog』の新連載『あなたの愛聴盤 拝見します!』で白土さん宅を探検隊が訪問して、初盤を解き明かすってのがいいかも?

ちなみに、ボクはもう掘る気はない(笑)
というのも、うちにあるUKオリジナル、マトがA1/B1なのはもちろんなのだが、スタンパーがI-1/I-1なんである。
EMIなら1G/1G、DECCAなら1B/1Bに匹敵するファースト・スタンパーなのだ。

ジャケットは、コーティングのイエローバックなので、これが初盤のバリエーションの一つであることは確かだと思うのだが、それ以上はわからない。
どうやらイエローバックだけコーティングが存在するようなので、コーティングのイエローバックだけが初盤条件を満たすという可能性もないわけではない気もする。

さて、真相やいかに?


どうやら、イエローバックのコーティング・ジャケットがわりと珍しそうなので、グリーン・バックのマット・ジャケットと比較した画像を追加しておこう。


表ジャケットはこんな感じ。


20240410-02.jpg


裏ジャケットはこんな感じ。


20240410-03.jpg


タグ:Elvis Costello
コメント(4) 
共通テーマ:音楽
Elvis Costello ブログトップ