SSブログ
スガシカオ ブログトップ

月とナイフ [スガシカオ]

昨日(もう一昨日か)7月28日は、スガシカオさんの誕生日ということで、大好きなCD(アナログで出してくれたらいいのに)『ALL LIVE BEST』を聴いてお祝いしていたのだが、聴いてる途中で有賀幹夫さんのYouTubeチャンネル始動のニュースが入ってきてそちらに夢中になってしまったので、仕切り直して今夜また聴いていた。


20210728.jpg


『ぼくたちの日々』『月とナイフ』『黄金の月』『夜空ノムコウ』『愛について』、ほかにも好きな曲はあるのだが、これがスガシカオ作品私的ベスト5だ(順番は収録順であって、私的順位じゃないよ 笑)。
しかも、どの曲についても、(もちろん、スタジオ・バージョンも良いのだが)このCDにおさめられたライブ・バージョンが特に好きなのである。

いまはサブスクで簡単に聴けるので、このCD、聴いたことがない人は聴いてみてほしい。
そう思ってSpotifyで検索してみたら、このCD自体はあるのに、なぜか『夜空ノムコウ』だけ無いのね・・・
作曲者川村結花さんのセルフ・カバーはあるので、スガシカオさん自身が、「SMAPのオリジナルがサブスク解禁されてない以上、自分のセルフ・カバーを解禁するわけにはいかない」と判断したんだろうか。


それにしても、『月とナイフ』には胸がえぐられるなぁ・・・

「君の迷いと言い訳」には、ボクはまったく気づいていなかったし、「あんな風に誰かを憎むことがあるんだろうか」と思うくらい激しく憎むということもなかったけど(そもそも「憎しみ」みたいな感情は不思議と湧かなかったけど)、ボクとのことが「トゲのように心にささって、あなたに、ずっとずっと残ればいい」とは思ったし、いまでも、あなたがボクのことをふっと思い出すときには、鈍い痛みを感じてほしかったりもする。

     ♪ いまさら何も言わないけれど
     ♪ 君の言葉は全部 ウソでいいんだろう

このフレーズも、最後に言えばよかったような気もするし、言わなくてよかった気もする。
「君の言葉」が全部ウソだったとは思わないけど、ほとんどウソの中にひとかけらのホントがあっただけなのか、それとも、ウソだった言葉はそれほど多くはなかったのか、いま考えてもよくわからない。

     ♪ ぼくはまた あんなふうに誰かを愛せるのかな

うーん。
これはちょっと無理だろうな(笑)


スガシカオさん、お誕生日おめでとうございます。
これからも誰かの胸をえぐるような歌を書き続けてください。

タグ:スガシカオ
コメント(0) 

あと一歩だけ前に [スガシカオ]

一昨日、スガシカオさんが、「まだ、残ってるよ」とツィッターでつぶやいていた。


あの日思い知らされたのは、ちっぽけな自分。

何もできなくて、はがゆくて、情けなくて・・・

しばらくの間、思考停止になって、立ち止まっていた。


そんなとき、この歌は、深く、強く、胸に響いた。






あと一歩だけ 前に 進もう




スガシカオ ブログトップ