So-net無料ブログ作成

Matching MoleファーストのUKオリジナル~英CBSプレスのこと [アナログ・コレクターの覚書]

前の記事でマッチング・モウル(Matching Mole)ファーストのスタンパー情報を募ったところ、6枚分の情報が集まった。
といっても、B面A1~A9の情報は一つもなく、A10だというのが3枚分、ほかにはA14、A15、A17というものだった。

しかし、集まった情報のうち3枚が、ボクの持っているのとまったく同じスタンパー・ナンバー(A面がA1でB面A10)ってのも不思議である。
なんだか、初回プレスは、全部このスタンパーの組み合わせだった気がしてきた(笑)

とはいえ、サンプル数が少ないので、なお情報収集継続中である。
このレコードのUKオリジナルをお持ちの方は、ぜひ送り溝を見て、情報をご提供くださいm(_ _)m


一応、手持ち盤の情報開示をしておこう。


20191202-01.jpg


レーベルはオレンジである。
英CBSのレーベルは1974年からイエロー・オレンジに変わるはずなので、1972年リリースのマッチング・モウル・ファーストの初盤は、このオレンジ・レーベルということになる。


20191202-02.jpg


ジャケットは、初期はテクスチャーで、後にプレーンになる。
ボクのはもちろんテクスチャーだ。


20191202-03.jpg


さらに、テクスチャー・ジャケットでも茶色の濃いのと薄いのがあって、濃い方が初期だとのこと。
うちのはそこまで濃くはない。
微妙だなぁ(笑)

そうそう、インナースリーブは、ジャケットを描いたALAN CRACKNELLがデザインした緑色の汎用CSが初期盤の一部にはついていたそうだが、これはちょっとレアらしい。
うちの盤には、1971年頃に使用されたと思われる汎用CSが付属していたが、入れ替えられたものの可能性もあるので、ここでは紹介しないでおこう。


マトはA2/B1だ。


20191202-04.jpg
20191202-05.jpg


英CBSのマトは、かすれて消えかかっているようなものが多いが、このレコードのマトは実にはっきりとしている。


A面のマザー/スタンパーはA1で、最初に作られたスタンパーであることに間違いないだろう。


20191202-06.jpg
20191202-07.jpg


問題はB面のマザー/スタンパーである。
A10だが、10ではなく1Cじゃないかという意見もあった。
確かに見た目はCだが、これはやっぱり10だと思う。


20191202-08.jpg
20191202-09.jpg


で、どうして、ボクがB面のA1~A9のスタンパーが存在しないと思うのかというと、英CBSプレスはメッキ処理が下手くそで、しばしばスタンパーの製造に失敗し、廃棄されるものが多かったんじゃないかと思っているからである。

マトの紹介のところで書いたように、英CBSのマトは、かすれて消えかかっているようなものが多い。
このかすれは、おそらくメッキ処理のプロセスで生じるものだろう。
マトがこれだけかすれているのだから、溝にもそれなりに影響はあるはずだ。
英CBSのレコードでは、しばしば眠い音の盤にあたるが、そういう盤ではだいたいマトがかすれまくっている。
爆発的に売れたレコードでは、十分にチェックせずにプレスにまわしてしまうことがあったんじゃないかと、かすれたマトを見ながら考えてしまうのである。

他方、そんなに爆発的には売れなかったレコードでは、わりとちゃんとスタンパーのチェックをしていたとすると、ボツで廃棄されるスタンパーも当然増える。
で、最初にオッケーが出たスタンパーが10番目に作ったものだった、なーんてことも起きたんじゃないかと思うわけである。

まぁ、妄想だけどね(笑)


タグ:Matching Mole
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ダブル・アーム [オーディオ]

ノッティンガム・アナログ・スタジオ(Nottingham Analogue Studio)Interspace HDの外部電源ユニットが、修理完了で戻ってきた。
同時に、2か月以上前に発注した新しいアームとアームベースも到着した。

アームのほうはすぐにショップのほうに届いたのだが、アームベースがなければセッティングできないので、その到着まで待っていたのである。

で、早速セッティングした。
Interspace HDに最初からついていたストレート・アームを内部断線のため取り外して以来のダブル・アームである。


20191201-01.jpg


ストレート・アームを取り外した後はSME 3010-Rをメイン・アームの位置に移動して使っていたが、再びサブアームの位置に戻して、メイン・アームには、オルトフォン(ortofon)のダイナミック・バランス型トーン・アームRS-212Dが鎮座することになった。


20191201-02.jpg


カートリッジはオルトフォンのCadenza Redである。
SPUも使うということでダイナミック・バランス型のRS-212Dのほうを選択したのだが、SPUのほうはさしあたりSMEのほうで使うことにした。

SPUを使うためには、有効長が変わる関係でアームの取り付け位置を変更しなければならないので、Cadenza Redをメインで使う以上、そのままではSPUは使えないからである。

まぁ、今後、Meister SilverとかRoyal GとかSynergyとかを導入したときには(全部じゃなくてどれかってことですよ 笑)、アームの取り付け位置を変更して、RS-212DでSPUを鳴らすことを考えているのだが、さしあたり、手持ちのSPU Classic GTやMONOはSMEで鳴らそうというわけだ。

この使い分けは、Cadenza Redはトランスをはさむが、SPU Classic GTやMONOはそのままMMに入力するので、その意味でも都合がよい。

さて、この新しいアームの導入で、(映画部屋の新しいサラウンド・システムで聴きなおしたいソフトも山ほどあるのにもかかわらず、さらに、)手持ちのレコードを片っ端から聴きなおしたい衝動にもかられている。
年末年始のお休み、早く来てくれないかなー

ところで、RS-212DにCadenza Redを搭載して聴く音は、より現代的な音だというのは想像に難くないと思うが、そうだとすると、最近の高音質レコードのほうが本領を発揮しそうなのに、「ターンテーブルに載っているのがマッチング・モウル(Matching Mole)ってどういうこと?」と思った方も多いかもしれない。

いや、まぁ、単純に、これはわりと最近手に入れたレコードでよく聴いていたので、違いがわかりやすいということもあったのだが、このレコード、一つ気になることがあって、情報を募りたいのである。

ボクが入手したのは、A2/B1の初回マトなのだが、マザー/スタンパーがA1/A10で、スタンパー・ナンバーが微妙に離れている。
微妙すぎて、B面はA1~A9ってのは存在しないんじゃないかとさえ疑っている(笑)
そんなわけで、これの初回マトのUKオリジナルをお持ちの方、B面のスタンパーがA1~A9だったら、ぜひ教えてくださいませm(_ _)m

タグ:Matching Mole
コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ノイズを放逐する [オーディオ]

DOLBY ATMOSの導入に際して、もう一つ購入したものがある。
それは、映画部屋のサラウンド・システムにおける最大のノイズを放逐するものである。

映画部屋のサラウンド・システムにおける最大のノイズとは、プロジェクターの冷却ファンの音だ。
発する音自体はエアコンと同じくらいだと思うのだが、何せ頭上のかなり近いところにある。
映画を観ているときはそんなに気にならないのだが、音楽を聴いているときは、かなり気になる。

しかも、DVD AudioやBlu-ray Audioなどを聴くとき、スクリーンに表示されるのは基本的に静止メニュー画面なわけで、プロジェクターで大画面表示する必要はまったくない。
小さなモニターで十分である。

そう、映画部屋のサラウンド・システムにおける最大のノイズを放逐するものとは、プロジェクターのかわりにメニュー画面を表示する小さなモニターだ。

さらに、音楽を聴くときには小さなモニターを使うようにすれば、プロジェクターのランプの寿命も延びることになるので、まさに一石二鳥なのである。

って、そんなことは前からわかっていたのだが、何故だかボクはずっと、19型くらいで手ごろな価格のテレビを探していた。
テレビといえば、なんとなく、パナソニック、シャープ、SONY、東芝あたりのメーカーじゃないとなぁと(何故だかわからないが)思ってしまう自分がいて、そうすると、そこそこの値段ではあるわけで、静止メニュー画面を表示するためだけのモニターとしては割高感が否めない。
そんなわけで、これまで導入に至らなかったのであった。

しかし、考えてみれば、静止メニュー画面を表示するだけのものなのだがら、テレビである必要はまったくない。
PC用モニターで十分なのである。
PC用モニターなら、メーカーへのこだわりも全くない。
価格的にも、いまや1万くらいで手にはいる。
ノイズ対策&プロジェクター・ランプの寿命延長という効果を考えると、割安感すらある。

そんなわけで、映画部屋で音楽を聴くときのメニュー画面表示用に、I-O DATA製のこのモニターを導入したのであった。


20191125-01.jpg


いやぁ、プロジェクターの冷却ファンの音から解放されるのは、想像以上に快適である。
いままで、マルチ音源に対してそこまで高く評価できなかったのも、この冷却ファンの音のせいだったかもしれない。

そんなわけで、ここのところ、映画部屋でのマルチ音源再生にはまっているのでありました。
(ノッティンガムがまだ復活してないというのもあるんだけどね。)

一応、ボクが導入したもののAmazonへのリンクを貼っておこう。



<画像をクリックするとAmazonにとびます。>

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

椅子がない [オーディオ]

ビートルズ(The Beatles)『アビー・ロード』50周年記念エディションのDOLBY ATMOSがすごいという話を聞いてからというもの、寝ても覚めてもDOLBY ATMOSのことばっかり考える日が続いていたのだが(大袈裟だっちゅうの 笑)、「カードで買えば、支払いはボーナス後じゃん!」ということに気がついて、衝動的にそろえてしまった(笑)

リビングにピュア・オーディオとの二重システムを構築することも考えたのだが、いろいろ解決しなければならない問題が多すぎて断念。
で、現在、映画を観るのにサラウンド・システムを構築している6畳相当の洋間のシステム入れ替えで対応することにしたら、AVRの買い替えとプレゼンス・スピーカーの設置だけでDOLBY ATMOSが導入できるわけで、こりゃ衝動的に買っちゃうよね(笑)

映画部屋でこれまで使ってきたAVRはMARANTZ SR6007だったので、それと同等かちょっと良いものということで、今回はこれを導入した。


20191124-01.jpg


えっ?型番がよく見えない?


20191124-02.jpg


YAMAHA RX-A1080である。
何故YAMAHAにしたかというと、MARANTZの前はYAMAHAを使っていてDSPがいろいろと楽しめることを知っていたからだ。
MARANTZの音に特に不満があったわけではないのだが、DSPが使えなくなったのは寂しかったのである。

プレゼンス・スピーカーは天井設置やフロント・ハイトの設置が面倒だったので、さしあたりイネーブルド・スピーカーを使うことにした。


20191124-04.jpg


SONY SS-CSEだ。
壁掛けも可能なので、イネーブルドがどうしても不満だったら、フロント・ハイトに設置しても使用できる。

ケーブルはもちろん、大栄電線製赤黒スピーカーケーブルだ。


20191124-05.jpg


ちなみに、フロント・スピーカー(Focal_JMlab Chorus 706S)のケーブルも大栄電線製に交換している。

あと、ついでにUHDBDプレーヤーも導入した。


20191124-03.jpg


SONY UBP-X800M2である。
これ一台でBlu-rayのほか、CDはもちろんSACDやDVD-AUDIOも再生できて、配線はHDMIケーブル一本だから、システムがとてもシンプルになった。
だいたい、これまでのシステムは、アナログ接続のSACDとHDMI接続のDVDやDVD-AUDIOの切り換えって、センタースピーカーを設置してないせいで、設定変更が必要な部分があったので、ちょっと面倒だったのだ。

しかも、このプレーヤーのアップコンバートはかなり優秀である。
普通のDVDがすごく綺麗になって、感動してしまった。

って、そんなことより、DOLBY ATMOSである。
『アビー・ロード』50周年記念エディションのDOLBY ATMOS、確かにすごいぞ。
空間は上下に広がるわ、ものすごい低域は出てくるわ、目を閉じるとなんだか部屋がでっかくなった感じすらする。

とはいえ、映画部屋のリスニング・ポジションに置いてあるのは、背もたれのついたビーズクッションみたいなロー・ソファで、背もたれを倒せば、ほぼ寝転んだ状態での視聴になるようなものである。
これまではそれほど不満もなかったのだが、何せ低くて天井からの距離が遠い。
イネーブルド・スピーカーからの音は天井に反射しているはずだが、少なくとも、音が天井に定位していることをはっきりと峻別できないし、音が降ってくる感じはもちろんない。
(リアのサラウンド・スピーカーが高い位置に設置してあるので、そっちの音のほうが降ってくる感じがある 笑)

聴く位置がもう少し高くなれば変わるかと立ち上がってみると、確かにガラリと変わる。
変わるのだが、立って聴くのも落ち着かないし、そもそもなんだかバランスが違う。
YPAOのセッティングを低い位置でしてるんだから当然である。

イネーブルド・スピーカーで天井設置にどこまで迫れるのかという根本的疑問はあるものの、少なくとも、もう少し高い位置でじっくりと視聴してみないことには、結論は出せない。

で、ちょうどいい椅子(一人用リクライニング・ソファ)を探しにいって、気に入ったものを見つけたのだが、配送は12月半ばになるそうで・・・

それでも、これまでのサラウンドとは違って上下にぐんと広がるDOLBY ATMOSの音場は魅力で、ロー・ソファーに寝っ転がりながら聴いてみるのだが、


     だけども 問題は いまの音 椅子がない~♪


と、思わず替え歌をうたってしまうのでありました(笑)

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

初盤道にちなんで『白雁』を聴く [アナログ・コレクターの覚書]

紙ジャケ探検隊がレコード・コレクターズに連載中の初盤道は、先月号(2019年11月号)に引き続いて、今月号(2019年12月号)も、ボクが取材・資料協力をさせてもらったキャメル(Camel)"The Snow Goose"のUKオリジナル(Decca SKLR5207)を掘り下げる「白雁の数奇な運命」である。


20191116-04.jpg
(一番手前は2016年5月号。キャメル特集が載っているということで、紙ジャケ探検隊から―というか編集部からかな?―手土産にもらった。買い忘れていた号だったので、とてもありがたかった。)


今回は、英米のジャケットの違いや英盤の出版社表記の複雑な変遷の理由を、様々な資料を基に読み解いていくというもので、その具体的内容自体は初盤道を読んでいただきたいのだが、最終的な結論(あくまで推論だが)は、いままで不可解だったところがいろいろ腑におちてスッキリするものだったし、なにより紙ジャケ探検隊とあーだこーだと話しながら探求を深めていく過程自体が、ボクにはとても楽しかった。

そんな感慨に浸りながら、レコード・コレクターズ12月号発売にちなんで、『白雁』を聴くのである。
聴くならやっぱり、UKオリジナルだよね(笑)


20191116-01.jpg
(UK盤は、ラミネート・コーティングされたジャケットが美しい。)


手持ちのUK盤は4枚で、以前の記事https://sawyer2015.blog.ss-blog.jp/2017-03-04のときからかわっていない。
(UKオリジナルについての詳細は、追加情報もあるので、レコード・コレクターズ11月号掲載の初盤道もご覧ください。)

今回の探求にあたってUS初盤(Janus JXS7016)は入手したのだが、まだ紙ジャケ探検隊のところへ出張中で帰ってきてないな(笑)

UK盤のほかにうちにあるのは、ボクが最初に買った”The Snow Goose"である1982年の日本再発盤(ロンドン L20P1044)だ。
UK盤と違ってラミネート・コーティングされていないので、シミが浮いてきているのが残念。
一時期聴かないレコードをダンボールに詰めて押し入れに放り込んでおいたのがいけなかったか・・・


20191116-02.jpg


この盤に付属の黒田史朗氏(Shilow Kulodaと表記されている)のライナーは、初盤道でも言及されているが、探求の際の一つの資料になった。

今回の探求の過程で、何か情報が得られないかと藁をもつかむ思いで買ってみたのが、2009年にリリースされたデラックス・エディションのCD(Decca/Universal 531 4614)と2013年の新録バージョンCD(Camel Productions CP0014CD)。


20191116-03.jpg


新録バージョンはオリジナルといろいろ聴き比べられて楽しいが、新しい情報という点ではとくに収穫はなかった。
それに対して、デラックス・エディションに付属していたブックレットに掲載されているマーク・パウエル(Mark Powell)の解説にはなかなか興味深い情報が・・・
このあたりは、初盤道をご覧ください。

いっしょに写っている紙ジャケCD(Decca UICY-9045)は2001年にリリースされた当時に購入したものだが、小西勝氏のライナーは、ポール・ギャリコの短編小説『白雁』のあらすじに1/3弱を割いていて、原作を読んだことがないという人にはとても便利だ。

このアルバム、楽曲が描いている『白雁』の場面を思い浮かべながら聴くと、感動もひとしおなので、本を読むのが苦手という人にも、あらすじぐらいは知ったうえで聴いてもらいたいなぁ思うのでありますよ。

タグ:Camel
コメント(0) 
共通テーマ:音楽