SSブログ

夢を見た [音楽が奏でる情景]

夕べ、夢を見た。

朝起きたときに鮮明に覚えていたから、夕べではなく、明け方に見た夢だったのかもしれない。

それは、逢うこともなくなって久しい彼女の夢だった。


彼女のことが好きだった。

それが恋だったのかどうかは、いまだに定かではないが、とてもとても好きだった。

僕たちは恋人ではなかったが、うまく説明することができない、なんだか少し特別な関係だった。


夢の中の彼女は、最後に逢ったときから確実に歳を重ねているように見えた。

外見も、物腰も、話し方も。

それでも夢の中の僕たちは、あの頃と少しも変わらない関係で、たわいもない話で笑い合った。


そこには、あの頃と同じ関係がまた始まるんじゃないか、と思わせる空気が流れていた。

少なくとも、僕はそう感じていた。


僕たちは、彼女に誘われるままに、彼女の部屋に向かった。

あの頃と同じ関係ではなく、あの頃とは違う新しい関係が始まるのか?

僕は少しドキドキしながら、彼女と並んで歩いた。


彼女の部屋にはすぐに着いた。

鍵がかかっていないらしく、彼女はそのまま玄関のドアをひく。

すると、奥から声が聴こえた。

「おかえり。」

男の声だ。

「ただいま。」

彼女は奥にそう応えたあと、

「どうぞ。あがって。」

僕に向かって、そう言った。


リビングでは、彼女と同い年ぐらいの男が、立ち上がって僕らを迎えた。

男の顔には困惑があった。

僕を見たあと、説明を求めるように彼女を見た。


「この人は、私にとって特別な人なの。あなたと結婚しても、ずっと特別な人なの。だから、あなたに紹介しておかなきゃいけないと思ったの。」

男がどんな顔をしていたかはわからない。

僕はただ、彼女の真剣な顔にみとれていた。

凛とした彼女は、とても綺麗だった。


あの頃と同じ関係で、あの頃とは違う関係を、彼女は始めたいのだ。

あぁ、そうか。

それが僕の望んでいた関係だったのか。


いつの間にか夢からさめていた僕は、ぼんやりとした頭で、そう思った。






♪「音楽が奏でる情景」は、好きな音楽にインスパイアされて書きとめた(たぶん 笑)フィクションです♪

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント