So-net無料ブログ作成

ショーケン [アナログ・コレクターの覚書]

3月26日だから、もう20日近く前のこと、ショーケンこと萩原健一さんが亡くなった。

ショーケンと言えば、思い出すのは「太陽にほえろ!」のマカロニ、それから「傷だらけの天使」の修だ。
個人的には、この二つの印象が飛びぬけて強烈に、記憶に焼き付けられている。
1970年代前半の昭和の風景といっしょに。

とはいえ、DVDやBlu-rayを持っているというほどのファンではないので、日本映画専門チャンネルが追悼特別編成を組んで、3月30日(土)の深夜に「傷だらけの天使」第1話~第8話を放送してくれたのはうれしかった。

GWには、5月5日(日)の深夜から6日(月)にかけて、第26話までの全話を放送してくれるとのこと。
実に楽しみなのである。

テレビを観ていて、いまでもどこかでアウトロー的な生き方に憧れている自分をふっと感じたのだが、それは思春期の頃に「傷だらけの天使」を観た影響なのかもしれない(笑)

そんなわけで、つい先日、レコードショップでこのレコードを見つけたときには歓喜した。


20190414-1.jpg


帯をみればわかるように、「太陽にほえろ!」とのカップリングで、A面が「太陽にほえろ!」でB面が「傷だらけの天使」のサントラになっているのだが、帯に掲載されている「傷だらけの天使」と「太陽にほえろ!」の順序が、表裏で逆になっている。
「太陽にほえろ!」のジャケットのほうでは、帯でも「太陽にほえろ!」が先になる。


20190414-2.jpg


つまりは、両A面的な扱いなのだろう。

レーベルは、よく見る赤いポリドールだ。


20190414-3.jpg


付属品が二つあり、一つは、片面が井上堯之バンドのポスターで、片面は解説とドラマの登場人物の写真で構成されている見開きインサートである。


20190414-4.jpg


このポスターもすこぶるかっこいい。

裏面に掲載された修(萩原健一)と亨(水谷豊)のドラマからのカットもすこぶるかっこいい。
もう一つの付属品である楽譜といっしょに撮ってみた。


20190414-5.jpg


このレコード、音も良い。


20190414-6.jpg


高域が少々きつめではあるものの、鮮度の高い音が飛び出してくる。
Trebleを少ししぼりながらボリュームをあげて、スタジオでアンプから出すのと同じくらいの音量にしてやると、なんだかスタジオにいるような気持になる。

昭和の終わりごろ、毎週のようにスタジオに集まって、仲間と楽器を鳴らしていたころを思い出す。
まぁ、ボクらはまったく下手くそだったから、あくまで雰囲気だけの話だけどね(笑)


R.I.P.

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント